悪質な住宅修理サービス・訪問販売リフォーム業者にご注意を!

悪質な訪問販売

悪質な訪問販売リフォームとは

 屋根や床下を「無料で点検します」などと言って来訪した業者が、点検後、「このままでは大変なことになる」とその家の人を不安にさせたり、「今なら安くしておく」と契約を急がせ、床下補強工事などを契約させることです。


「保険金が使える」といって住宅修理を勧める

 「保険金を使えば無料で修理できる」「古くなったところも先日の台風のせいにして保険金を請求しましょう」と自己負担額をゼロにできるとかたり、うその理由で請求させようとする悪質な業者があります。うその理由での保険金請求は保険金詐欺に該当し、加害者になる可能性もあります。

トラブルを防ぐために

すぐに契約しない
 住宅リフォームは、一軒一軒が異なる建物の手直しです。工事の必要性、施行方法、費用の妥当性の判断が難しく、高額で簡単にはやり直しができないため、十分に検討することが大切です。

業者の説明を鵜呑みにしない
 「工事をしないと倒壊する」と不安をあおる業者がいます。このような説明を鵜呑みにせず、不安があれば、知り合いの建築業者などの専門家に見てもらい、確認すると良いでしょう。また、建物の現況について、文書や図面で報告させておくと、トラブルが起きた際に重要な資料になります。

加入している損害保険会社に確認する
 すぐに契約してしまわずに、保険金の請求対象となるかどうか、加入している損害保険会社に尋ねてみましょう。「住宅修理業者にいわれたとおりに書かされた」と主張しても、その行為に加担したとして加害者になります。騙された被害者だけでなく、詐欺容疑の加害者になってしまう可能性があります。本当にその理由で保険金を請求できるかなど、請求対象になるかどうか、自信が加入している損害保険会社に確認することも重要です。

 

   損害保険相談窓口

       ・一般社団法人日本損害保険協会   0570-022-808 

   うその理由で保険申請をすすめられた場合は

       ・保険金不当請求ガイドライン 0120-271-824

 

契約するときは

 一社だけでなく複数の会社から工事内容がわかる見積もりを取る。
 必ず改修計画図(書)、工程表の提出を求める。
 契約書に記載された解約や保証に関する条項は、よく読む。


契約後解除したい場合は

 「訪問販売」で契約した場合は、クーリング・オフが適用されます。工事が始まっていても、契約書面を受け取った日から8日以内であれば無条件解約が可能です。解約したいと思ったら、期間内に業者に書面で通知しましょう。クーリング・オフの仕方が分からないときは、役場町民課へお問い合わせください。

 

★★ ご相談・お問合せ先  ★★

香美町消費生活センター(町民課内)  Tel0796-36-1941(直通)

関連情報



ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?