銚子ヶ谷湿原カキツバタ群落現状調査報告書を公開します

カキツバタ(アヤメ科)

 
 銚子ヶ谷湿原のカキツバタ群落は、兵庫県指定天然記念物ならびに兵庫県版レッドデータブック(植物群落)のAランクに指定される貴重な植物群落です。しかし、平成19年頃よりカキツバタの開花数減少が目立ち始めたことなどから、有識者等により構成された「銚子ヶ谷カキツバタ群落保存管理計画策定委員会」(現・銚子ヶ谷湿原保全委員会)によって、平成22年に「銚子ヶ谷カキツバタ群落保存管理計画」が策定されました。当計画においては、「天然記念物に指定された平成6年当時の状況に戻すこと」が保存管理の目標として設定されています。


 この調査は、保存管理計画に基づく管理作業の実施に向けて、銚子ヶ谷湿原のカキツバタ群落の現状ならびに天然記念物指定以後の変遷について把握することを目的として、植物相および植物群落を対象とした現地調査を実施し、過去の調査結果との比較分析を行ったものです。

 調査は平成24年度文化庁文化芸術振興費補助金を活用し、財団法人ひょうご環境創造協会に委託して実施しました。

この調査報告書については印刷物での配布は行わず、電子ファイル(PDF)のみでの配布としております。ご了承くださいますようお願いします。
 

ダウンロード



-お問い合わせ-
教育委員会 生涯学習課
電話0796-94-0101
FAX0796-98-1532
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)