下水道使用についてのお願い

下水道の正しい使い方
宅地内の排水設備の管理はみなさんの手で・・・

 町が設置した公共マスから内側(宅地内)の排水管やマス類を、排水設備と呼びます。
公共汚水マスと下流側(道路側の本管、マンホール等)は、町が管理を行う公共施設です。
 快適な暮らしをするために、せっかく水洗化の工事をしても、使用上の注意をおこたると故障をおこし たり、設備の寿命を縮めることにもなります。
 簡単な修理でも思わぬ費用がかかることがあります。日常的な点検や簡単な清掃を行う事により費用が節約できますので、管理には以下のことに注意し、大切に使いましょう。

●生ゴミを捨てない!!

生ゴミを流すと排水管が詰まる原因となります。
生ゴミは必ず水を切ってゴミ箱に捨てましょう。
●油を流さない!! 石けんと水と油が化合すると凝固して下水道管を詰まらせます。
鍋等についた油は紙や布で拭き取ってからゴミとして捨てましょう。
●危険物を流さない!! 石油・ガソリン・シンナー・アルコール・廃油などの危険物は下水道に流さないでください。
揮発性の高い危険物は、下水道管を溶かしたり、大爆発を起こす原因になります。
●髪の毛を流さない!! 髪の毛は排水口にたまりやすく、排水管の詰まりの原因になったりしますので、必ず取り除くことを習慣にしましょう。
●トイレに物を流さない!! 水洗トイレでは、トイレットペーパー以外の新聞紙、ティッシュペーパー、生理用品などの水に溶けない紙類は、詰まりの原因となりますので流さないでください。
●汚水マスに雨水を流さない!! 雨水が汚水マスに入ると、その分だけ費用がかかりますので、汚水マスに宅地の雨水が入らないようにしてください。
●ディスポーザーは使わないで!! 野菜クズや残飯などの生ゴミを粉砕して処理するディスポーザーの使用は、禁止しています。
悪臭や管の詰まりなどの故障のもとになります。
●分離マスの掃除を!! 台所の流し先で、ゴミや油が取れるように分離マスの清掃を適宜行ってください。おこたると排水管が詰まってきます。



-お問い合わせ-
上下水道課
電話0796-36-0420
FAX0796-36-0297
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?