香美町
  • メニュー閉じる

新型コロナウイルスワクチン接種のお知らせ 問い合わせ番号:16170-0885-7889
更新日:

新型コロナウイルスワクチン接種について

 新型コロナウイルスワクチンは、主に発症や重症化の予防、さらには感染拡大防止が期待されています。
 香美町では、5月8日から高齢者の集団接種を開始し、7月3日からは12歳以上全年齢の人を対象に接種を実施しています。
 現時点での接種に関する情報をお伝えします。

接種の対象者と優先順位

 国において新型コロナウイルスワクチンが承認され、まずは医療従事者への最初の接種が、2月から開始されました。現在香美町では、12歳以上の人すべてに接種券の発送が完了し、接種を希望する人全員に接種を受けてもらえます。  

ワクチンの種類(接種回数・接種間隔)

 新型コロナウイルスワクチンについて、香美町では、集団接種・個別接種ともにファイザー社のワクチンを使用しています。
 新型コロナワクチンは効果を高めるため、2回接種します。
 ファイザー社のワクチンでは、通常、1回目の接種から3週間後に2回目の接種を受けることができます。2回目は1回目から3週間を経過したら、できるだけ早く受けてください。1回目と2回目は、同じ製薬会社のワクチンを接種する必要があります。

製薬会社

接種間隔
ファイザー社 21日
アストラゼネカ社 28日
武田/モデルナ社 28日

接種方法

 接種会場は、集団接種会場と個別接種会場があり選択できます。
 詳しくは下記の新型コロナウイルスワクチン接種会場についてをご確認ください。

 → 新型コロナウイルスワクチン接種会場

接種費用

 接種費用は無料で、自己負担はありません。

接種を受ける際の同意

 新型コロナワクチンの接種は、しっかり情報提供を行ったうえで、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種を行うことになります。
 予防接種を受ける方は、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けることになります。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。
 職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。

接種を受けた後に副反応が起きた場合の健康被害救済制度

 ワクチン接種後に、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が生じた場合には、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)を受けることができます。

予約方法

 ワクチン接種には予約が必要です。予約方法は、コールセンターに電話をかけるか、WEBでの予約になります。
 
役場または各地域局では、予約はできませんのでご注意ください。予約時には接種券番号が必要になります。お手元に接種券をご準備ください。

集団接種予約 受付時間 電話番号・URL
コールセンター 平日9時~17時 ☎0796-34-6000
WEB 24時間

https://jump.mrso.jp/285854/

※聴覚障害等がある人で、上記の方法で予約ができない人は、ワクチン接種相談窓口(役場健康課)、又は各地域局健康福祉係でご相談ください。
キャンセル、予約日を変更する場合は、接種日の3日前までにコールセンター又はWEBで変更をしてください。その後、体調の悪化等があった場合は、速やかに変更のご連絡をお願いします。
 なお、接種当日の場合は、役場健康課(受付8時30分~17時15分 TEL 36-1114)までご連絡をお願いします。ワクチンが無駄にならないようご協力のほどよろしくお願いします。

接種当日

◎ワクチンを受ける前の注意点

・接種前に自宅で体温を測定し、明らかな発熱(37.5度以上)がある場合や体調が悪い場合などは、接種を控え、役場健康課(受付8時30分~17時15分 TEL 36-1114)までご連絡をお願いします。

・肩の部分に注射を行いますので、肩を出しやすい服装でお越しください。

◎当日の持ち物

・接種券、予診票、本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証等)、お薬手帳

◎当日の流れ

 受付予診票確認(検温)予診接種接種済証発行経過観察(15~30分)

・ワクチン接種後は、15分以上接種会場で座って様子をみてください。お待ちの間も、感染対策(マスクをする、隣の人と距離をとる、会話を控えるなど)をお願いします。

接種後の注意事項

接種後、すぐに現れる可能性のある症状

アナフィラキシー

・薬や食物が体に入ってから、短時間で起こることのあるアレルギー反応です。

・じんま疹などの皮膚症状、腹痛や嘔吐などの消化器症状、息苦しさなどの呼吸器症状が、急に起こります。血圧低下や意識レベルの低下(呼びかけに反応しない)を伴う場合をアナフィラキシーショックと呼びます。

・起こることは極めてまれですが、接種後にもしアナフィラキシーが起こっても、すぐに対応が可能なよう、ワクチンの接種会場や医療機関では、医薬品などの準備をしています。

血管迷走神経反射

・ワクチン接種に対する緊張や、強い痛みをきっかけに、立ちくらみがしたり、血の気が引いて時に気を失うことがあります 。

・誰にでも起こる可能性がある体の反応で、通常、横になって休めば自然に回復します。

倒れてケガをしないように、背もたれのある椅子に座って様子をみてください。

接種後、数日以内に現れる可能性のある症状

発現割合 症状
50%以上 接種部位の痛み、疲労、頭痛
10~50% 筋肉痛、悪寒、関節痛、下痢、発熱、接種部位の腫れ
1~10% 吐き気、嘔吐

接種後の注意事項

・接種当日は、激しい運動は控えてください。
・接種部位は清潔に保ちましょう。接種当日の入浴は問題ありませんが、注射した部分は強くこすらないようにしましょう。
・ワクチンを受けた人は、新型コロナウイルス感染症の発症を予防できると期待されていますが、他の人への感染をどの程度予防できるかはまだ分かっていません。引き続き、「3つの密(密集・密接・密閉)」の回避、マスクの着用、石けんによる手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒の施行など感染予防対策の継続をお願いします。

香美町以外での接種

・入院、入所中の医療機関や施設で、ワクチン接種を希望する人
 →手続きは必要ありません。医療機関や施設にご相談ください。

・基礎疾患の治療を受けている医療機関で、ワクチン接種を希望する人
 →手続きは必要ありません。かかりつけの医療機関にご相談ください。

・住所地は香美町であるが別の場所に居住しており、居住先でワクチン接種を希望する人(単身赴任者、遠隔地へ下宿している学生などやむを得ない事情がある場合)
 →「住所地外接種届」が必要になります。居住している市町村の相談窓口にお問い合わせください。

接種券の再交付

 接種券を紛失、破損等をした場合、再発行する必要があります。再発行の申請をワクチン接種相談窓口(役場健康課)、又は各地域局健康福祉係で行ってください。

相談窓口

◎町新型コロナウイルスワクチン接種相談窓口(役場健康課)

【受付時間】 平日8時30分~17時15分
【連絡先】 0796-36-1114

◎県新型コロナワクチン専門相談窓口

【受付時間】 9時~21時(土日祝も含む)
【連絡先】 0570-006-733

このページに関するお問い合わせ先

健康課
電話番号:0796-36-1114
FAX番号:0796-36-3809

ぜひアンケートにご協力ください

Q1. このページは見つけやすかったですか?
Q2. このページの内容はわかりやすかったですか?
Q3. このページの内容は参考になりましたか?