保育料の無償化のお知らせ

令和元年10月から

3歳から5歳までの幼稚園、保育所、認定こども園などを

利用するすべての子どもの保育料が無償化されます。

※ 0歳から2歳までの子どもについては、住民税非課税世帯を対象として保育料が無償化されます。

 


幼稚園、保育所、認定こども園をご利用の方

3歳から5歳までの全ての子どもの保育料が無料

 ○無償化の期間は、満3歳になった後の4月1日から小学校入学前までの3年間です。
 ○給食費、行事費などは、これまでどおり保護者の負担になります。

 
 
 
 保育認定を受けて、保育所、認定こども園をご利用の場合は、現在、副食(おかず、おやつなど)の費用は保育料の中に含まれています。今回の無償化に伴い、今後は副食費を施設にお支払い(公立施設は教育委員会が徴収)いただくことになります。
 ただし、年収360万円未満相当世帯の子どもと、年収360万円以上相当世帯の第3子以降の子ども(注)については、副食費が免除されます。
   
  (注) きょうだい順位のカウントは、教育認定においては「小学校3年生以下の範囲」で、保育認定においては「小学校就学前の範囲」で行います。

 

 

0歳から2歳までの子どもについては、住民税非課税世帯を対象として保育料が無料

 
 
 
 子どもが2人以上の世帯の負担軽減の観点から、現行制度を継続し、保育所等を利用する最年長の子どもを第1子とカウントして、0歳から2歳までの第2子は半額、第3子以降は無償となります。
 
 (注) 年収360万円未満相当世帯については、第1子の年齢は問いません。

  


幼稚園の預かり保育、放課後児童クラブ をご利用の方

利用日数に応じて利用料が無償化


 ○無償化の対象となるためには、「保育の必要性の認定」を受ける必要があります。

 (注) 「保育の必要性の認定」については、就労等の要件(保育所の利用と同等の条件)があります。
  ※対象者には、個別にご案内をしています。

○おやつ代は、無償化の対象ではありません。
 引き続き、保護者の皆様のご負担となります。(月額1,000円)

 

◎ 幼稚園預かり保育事業、放課後児童クラブ利用料の「無償化上限額」

   利用料日数に応じて月額の上限額は変動します。
   無償化上限額 = 450円 × 利用日数

 

 



-お問い合わせ-
教育委員会 こども教育課
電話0796-94-0101
FAX0796-98-1532
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?