学校間スーパー連携チャレンジプラン授業
の様子を紹介します(9)

 

 香美町では、子どもたちが外国語を使って多様な人々と目的に応じたコミュニケーションを図ることができるようにするため、平成30年9月以降、外国語指導助手(ALT)を増員し、小学校への訪問回数をこれまでよりも増やしています。

 今回は、スーパー連携チャレンジプランでの外国語活動の授業の様子を紹介します。

【兎塚小11人、射添小11人、 2校 6年生 計22人 外国語活動の学習の様子】 (R元年5月23日)

 2校の6年生計22人が、兎塚小学校多目的ホールに集まって学習しました。

 はじめに、授業の流れを確認します。

 ウォーミングアップとして、リズムに合わせて英語で体の部位を言いながら、その場所に触れていきます。

 みんな、できたかな。

 Who am I?として、ALTのオリビア先生が自己紹介をしてくれました。

 先生の好きな色や食べ物、家族のことなども、分かりやすく話してくれました。

  カードを見ながら、色の言い方(上の写真)や、教科の言い方(下の写真)を復習しました。ちなみに、写真に写っている社会科は英語で「Social Studies」です。

 友だちに好きか聞いてみたいものを用紙に記入し、英語でインタビューしていき、友だちが「好き」と答えてくれたら、サインをもらいます。そして、ビンゴになると先生からシールがもらえます。1列がそろったら、次のビンゴに挑戦します。                                                                  下の写真は、その様子です。                                                                                                                                                         

 授業の最後には、活動へのかかわり方や、感想を記入して、授業の振り返りをします。振り返りをすることにより、授業への関心度を高め次のステップへと繋げます。また先生方も、児童が記入した振り返りシートを見ることで、英語力アップが図られるように、授業の工夫をしていきます。

 

 学校間スーパー連携チャレンジプランは、複数校が合同で学習を行うことにより、複数の教員やALTによる授業、またいつもより多くの友だちに英語で話しかけていくことで、コミュニケーション能力や個の力を高めています。

 今後も「個に焦点をあて、個を大事にして、個を磨く、きめ細かい教育」 「従来の一斉指導からの工夫改善」 「小規模校の特色・よさを生かした香美町ならではのすばらしい学校園づくり」をめざし、保護者、地域住民の理解や協力を得ながら『地域とともにある学校づくり』を進めていきます。

関連情報



-お問い合わせ-
教育委員会 教育総務課
電話0796-94-0101
FAX0796-98-1532
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?