日本遺産認定
日本海の風が生んだ絶景と秘境
幸せを呼ぶ霊獣・麒麟が舞う大地「因幡・但馬」

 令和元年5月20日、麒麟のまち圏域(香美町、新温泉町、鳥取県鳥取市、岩美町、若桜町、智頭町、八頭町)によるストーリー『日本海の風が生んだ絶景と秘境―幸せを呼ぶ霊獣・麒麟が舞う大地「因幡・但馬」』が、日本遺産に認定されました。
 但馬・因幡地域では、日本海から吹きつける風が、鳥取砂丘をはじめとする山陰海岸の絶景や、風がもたらす豪雪によって育まれた中国山地に豪邸や古堂がたたずむ秘境を創り出し、厳しい風の季節での無事と感謝を胸に舞われる「麒麒獅子」が受け継がれています。こうした豊かな自然と長年にわたり大切に受け継がれてきた伝統文化を、「風」をテーマに結びつけたストーリーが評価されました。

認定されたスト-リー
 日本海から吹きつける季節風が創り上げた日本最大級の鳥取砂丘。目に見えぬ風の姿がさざ波模様の風紋に映し出され、海岸を進むと風が起こす荒波に削り出された奇岩が連なる。鳥取砂丘の砂を生み出す中国山地へと急流を辿たどると、風がもたらす豪雪に育まれた杉林を背に豪邸が佇(たたず)む。さらに源流へと分け入ると岩窟の中に古堂が姿を現す。
 これらは日本海の風が生んだ絶景と秘境である。
 人々は、厳しい風の季節での無事とそれを乗り越えた感謝を胸に、古来より幸せを呼ぶ麒麟獅子を舞い続け、麒麟に出会う旅人にも幸せを分け与えている。

ストーリーの主な構成文化財
 麒麟のまち圏域で31の文化財群がストーリーを構成し、香美町では、鎧の麒麟獅子舞、百手の儀式、余部鉄橋、香住海岸、岩石海岸の漁村集落、氷ノ山後山那岐山国定公園が含まれています。

鳥取砂丘の風紋と麒麟獅子

日本遺産とは
 地域の歴史的魅力や特色を通じて、我が国の文化や伝統を語る「ストーリー」を国が認定するものです。ストーリーを語る上で欠かせない有形・無形の文化財群を地域が総合的に整備・活用し、国内外へ発信することにより、地域の活性化を図ることを目的としています。現在、全国で83件が日本遺産に認定されています。

崖上の御埼集落で行われる
「百手の儀式」
杉林を背に佇む豪邸
「石谷家住宅」
岩窟に佇む古堂
「不動院岩屋堂」


圏域の取組
 香美町、新温泉町、鳥取県東部の1市4町は、平成27年8月から「麒麟のまち創生戦略会議」 を組織し、圏域の特性を最大限に生かし、地方創生を広域的に進めるため、山陰海岸ジオパクなどで連携しているこの圏域が、共通する歴史文化遺産「麒麟獅子」にちなんで麒麟のまち圏域と銘打ち、圏域全体の活性化と人口減少対策を目指した取組を行っています。
 具体的には、東京・大阪における合同での移住相談会や「観光グランドデザイン」の策定などによる広域観光の推進、さらに、大阪市中之島の「麒麟のまち」関西情報発信拠点における情報発信などにより、交流人口の増加や移住定住の促進を図っています。
 また「麒麟獅子舞」による圏域活性化を行うなど、さまざまな分野で連携して、圏域の発展に向けた取組を展開しています。
 新しい令和の時代の幕開けとともに日本遺産に認定されたストーリーを生かした観光振興や圏域の活性化に、構成各市町と一緒になってさらに取り組み、圏域の魅力を高めていきたいと考えています。
 

  関連外部サイト
  鳥取市公式サイト
  麒麟のまち観光局公式サイト 

 

関連情報

ダウンロード



-お問い合わせ-
企画課
電話0796-36-1962
FAX0796-36-3809
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)