「解体工事」の入札参加資格の取扱いについて〔平成31年度〕

 解体工事業の許可に係る経過措置が平成31年5月31日で終了することに伴い、平成31年6月1日以降の解体工事の発注及び平成31年度の入札参加資格審査における解体工事の申請等について次のとおり取り扱います。

 

1 解体工事業の許可に係る経過措置の終了について

 建設業法の一部改正(「解体工事業」の追加)に伴う経過措置により、「とび・土工工事業」の許可で解体工事を行うことが可能になっていましたが、この経過措置が平成31年5月31日で終了します。
 経過措置終了後も引き続き解体工事業を営む場合は、「解体工事業」の許可を受ける必要がありますので、速やかに「解体工事業」の許可を受けてください。

  〔解体工事業の許可を申請中の場合の取扱いについて〕
 経過措置の適用を受ける事業者が経過措置期間内に「解体工事業」の許可を申請した場合は、経過措置期間経過後、申請に対する許可又は不許可の処分があるまでの間は「解体工事業」の許可を受けないでも引き続き解体工事を行うことができます。


2 「解体工事」の建設業許可要件、発注(工種)の考え方 

 

平成31年5月31日まで

平成31年6月1日以降

大規模な建築物など総合的な企画、指導、調整のもとに行われる解体工事

「建築一式工事」
「土木一式工事」

「建築一式工事」
「土木一式工事」

家屋等小規模な建築物の解体のみを行う工事

「建築・土木一式工事」
「とび・土工・コンクリート工事(経過措置含む)」
「解体工事」

「解体工事」

専門工事で建設されたもののみを解体する工事

各種専門工事の許可

各種専門工事の許可

 ※総合的な企画、指導、調整が必要な解体工事は、工事の規模にかかわらず、工事内容や現場状況等を考慮して判断します。

 

3 「解体工事」の入札参加資格申請について

 平成31年6月1日以降に発注する「解体工事」の入札に参加するためには、香美町入札参加資格者名簿(以下「名簿」という。)の「解体」に登録されていることが必要です。
 ※「解体工事業」の建設業許可を取得し、「解体」の経営事項審査を受けておく必要があります。

手続き方法 

 「香美町入札参加資格審査申請書変更届」に「建設業許可通知書及び経営事項審査結果通知書」の写しを添付して提出してください。
 ※既に名簿の「解体」に登録のある事業者は、手続きの必要はありません。

受付期間

 平成31年3月25日(月)
 ※ただし、経過措置の適用を受けるとび・土工工事業者の方で、経過措置期間内に解体工事業に係る許可申請をした場合に限り、随時の業種追加を認めます。変更届の提出があった時点から平成31年度の名簿に登録します。

提出先

 香美町役場総務課管財係

ダウンロード



-お問い合わせ-
総務課
電話0796-36-1111
FAX0796-36-3809
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)