未婚のひとり親家庭の母(父)に対する寡婦控除のみなし適用について
【福祉医療費助成制度】

 福祉医療費助成事業において、税法の定める「寡婦(寡夫)控除」が適用されない未婚のひとり親家庭を支援するため、申請により、税法上の「寡婦(寡夫)控除」と同様の控除を適用(みなし適用)します。

 

【対象となる人】
 町内に住所を有し、福祉医療費助成事業各制度の対象となる人(所得判定に関係する人)であって、所得などを計算する対象となる年の12月31日現在において、次のいずれかに該当する人。

 (1) 婚姻によらず母となり、現在も婚姻をしていない人のうち、扶養親族または、生計を同じくする子※がいる人

 (2)(1)に該当し、扶養親族である子がいる人で、かつ、合計所得金額が500万円以下である人

 (3)婚姻によらず父となり、現在も婚姻をしていない人のうち、生計を同じくする子※がおり、合計所得金額が500万円以下である人

※生計を同じくする子…総所得金額等が38万円以下であり、他の人の控除対象配偶者や扶養親族になっていない場合に限ります。


【みなし適用をした場合の所得算定】
 みなし適用をした場合は、福祉医療各制度の所得算定において、税法上の寡婦(寡夫)控除額を控除して市町村民税額を計算し、低所得区分の判定を行います。

 なお、みなし適用を受けるには戸籍全部事項証明書等の書類を添付して申請することが必要ですが、みなし適用を実施しても、結果として判定結果が変わらない場合がありますので、対象になると思われる人は、事前に役場健康課へお問い合わせください。

関連情報



-お問い合わせ-
健康課
電話0796-36-1114
FAX0796-36-3809
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?