伐採及び伐採後の造林の届出について

 森林所有者などが森林の立木を伐採する場合、事前に伐採及び伐採後の造林の計画の届出を行うことが義務づけられています。
 また、伐採後の造林が完了したときは、事後に伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況の報告を行うことが義務づけられています。
(平成28年5月の森林法改正により、平成29年4月以降、伐採及び伐採後の造林の計画の届出を行った方は、事後に市町村長への伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況の報告が必要となりました。)

 

対象となる森林

 県が策定する地域森林計画の対象となっている民有林
  ※開発面積が1haを超える場合は、県の林地開発許可が必要です。


届出人

 森林所有者や立木を買い受けた者
  ※立木を伐採する者と伐採後の造林を行う者が異なる場合は、共同で提出します。


提出期間

 (1)伐採及び伐採後の造林の届出:伐採を始める90日前から30日前まで
 (2)伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告:造林を完了した日から30日以内


留意事項

 町森林整備計画に適合した施業が行われるよう、届出があった計画に対し変更や遵守を命じることがあります。
 また、無届で伐採した場合等には、伐採の中止及び造林を命じることがあります。

 

ダウンロード



-お問い合わせ-
農林水産課
電話0796-36-0846
FAX0796-36-3809
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)