建築物の既設の塀に関する相談窓口が開設されました

ブロック塀の安全を確認しましょう。!!

  平成30(2018)年6月18日の大阪府北部を震源とする地震により塀の倒壊による人的被害が発生したことを受け、兵庫県では「建築物の既設の塀に関する相談窓口」が開設されました。

 自宅周辺等のブロック塀に関して相談がある場合は、下記の相談窓口まで問い合わせてください。

- 建築物の既設の塀に関する相談窓口 -

   但馬県民局 豊岡土木事務所 まちづくり建築第一課  電話 0796-26-3755


ブロック塀の点検のチェックポイント

 ブロック塀について、以下の項目を点検し、一つでも不適合があれば危険なので改善しましょう。
 まず外観で1~5をチェックし、一つでも不適合がある場合や分からないことがあれば、専門家に相談しましょう。

 1.塀は高すぎないか。
  ・ 塀の高さは地盤から2.2m以下か。

 2.塀の厚さは十分か。
  ・塀の厚さは10cm以上か。
   (塀の高さが2m超2.2m以下の場合は15cm以上)

 3.控え壁はあるか。(塀の高さが1.2m超の場合
  ・塀の長さ3.4m以下ごとに、塀の高さの5分の1以上突出した控え壁があるか。

 4.基礎があるか。
  ・コンクリートの基礎があるか。

 5.塀は健全か。
  ・塀に傾き、ひび割れはないか。

 〈 専門家に相談しましょう 〉
 6.塀に鉄筋は入っているか。
  ・塀の中に直径9mm以上の鉄筋が、縦横とも80cmの間隔以下で配筋されており、縦筋は壁頂部および基礎の横筋に、横筋は縦筋にそれぞれかぎ掛けされているか。
  ・基礎の根入れ深さは30cm以上か。(塀の高さが1.2m超の場合)

組積造(れんが造、石造、鉄筋のないブロック造)の塀の場合 

 1.塀の高さは地盤から1.2m以下か。
 2.塀の厚さは十分か。
 3.塀の長さ4m以下ごとに、塀の厚さの1.5倍以上突出した控え壁があるか。
 4.基礎があるか。
 5.塀に傾き、ひび割れはないか。

 
〈 専門家に相談しましょう 〉
 6.基礎の根入れ深さは20cm以上か。


関連情報  建築物の既設の塀に関する相談窓口の開設等について(兵庫県HP)

ダウンロード



-お問い合わせ-
建設課
電話0796-36-1961
FAX0796-36-3809
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)