余部鉄橋「空の駅」エレベーター

「余部クリスタルタワー」ができました!

 明治45年の完成から約100年間、JR山陰本線の運行を支えてきた余部鉄橋。
 平成22年8月、新しくコンクリート橋に架け替えられましたが、JR餘部駅側の3本の橋脚は現地保存され、平成25年5月に
余部鉄橋「空の駅」展望施設として生まれ変わりました。
 これまで多くの方々にご利用いただいていますが、展望施設までの急こう配の上り坂が利用者の大きな負担となっていました。
 そこで、地域の活性化、観光客及びJR利用者の利便性向上並びに高齢者等の負担軽減のため、エレベーター(愛称:余部クリスタルタワー)を設置し、平成29年11月26日から利用を開始しました。みなさん是非お越しください。
  



散策路から見たエレベーター

南側から見たエレベーター

 

夜間はライトアップしています。


余部クリスタルタワーライトアップイメージ

 
 
展望デッキから見たエレベーター

ふれあいガーデン(待合室)

余部鉄橋の橋脚とエレベーター

 

エレベーターの仕様

  構造:鉄骨造2階建て
  延べ床面積:120平方メートル
  高さ:47メートル
  用途:乗用
  定員:15名
  速度:毎分60メートル(片道約40秒で昇り降りします。)
  利用時間:午前6時~午後9時30分
  利用料金:無料

 
 ※エレベーターは全面ガラス張りなので、眺望を楽しみながら昇り降りできます。

  
エレベーターからの眺望


 

周辺案内図
MAP

 



-お問い合わせ-
観光商工課
電話0796-36-3355
FAX0796-36-3809
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?