平成31年度
施政方針

 今年度は、「第2次総合計画」と「過疎地域自立促進計画」、「新町まちづくり計画」の二つの延長計画が実質4年目を迎えます。
 第2次総合計画では、まちの将来像を「こどもたちに夢と未来をつなぐまち~美しい山・川・海 人が躍動する 交流と共生のまちをめざして~」と定め、その重要施策を位置付ける総合戦略は最終年度にあるため、これまでの4年間の評価・検証を行うとともに、さらに実効性のある次期総合戦略へと見直していきます。
 さらに、(1)「防災の強化」、(2)「産業・観光の振興」、(3)「町内の活性化」、(4)「新分野への取組み」、(5)「医療・福祉の充実」、(6)「交通の確保」、(7)「教育の充実」の七つの重点施策を掲げ全力で取り組みます。
 この七つの重点施策の着実なる推進こそが、総合計画、総合戦略の具現化であるとともに、地方創生への道程であると確信しており、各計画に掲げられた諸施策を深慮し、効率的・効果的な取組みにつなげるための戦術・戦略を構築するとともに、PDCAサイクルのもと、町民の皆様との協働による施策の着実なる実践を図りたいと考えています。
 町民の皆様の安全・安心を第一に、町民の皆様がこの町に住むことに誇りを持ち、より豊かな住みよいまちづくりを目指して、各施策を積極的に展開します。
 以下、主な取り組みを掲げます。


(1) 【防災の強化】
○ 防災行政無線
 ・ 香住区の防災行政無線デジタル化事業を継続実施し、戸別受信機を全戸に整備することにより全町でデジタル化を完了
○ 防災対策
 ・ 土砂災害危険度予測システムの導入
○ 消防施設整備
 ・ 消防ポンプ自動車1台更新、小型動力ポンプ軽積載車2台更新、消防指令車1台更新などを実施
○ 防犯体制の強化
 ・ 区等が実施する防犯カメラの設置費に対する助成
○ 消費者行政
 ・ 消費生活センターの堅持、中高生や高齢者を対象とした啓発活動強化
 ・ 電話自動録音装置購入費の助成
○ 老朽化した空家等の適正な管理
 ・ 空家等の適正な管理に関する条例に基づき、「空家等対策計画」を策定し、管理不全な空家等の早期解消を図る。

 

(2) 【産業・観光の振興】
○ 農業振興
 ・ 「人・農地プラン」の策定の推進、農地中間管理事業の推進
 ・ 新規就農・経営継承総合支援事業の実施
 ・ 農地中間管理機構から農地の転貸を受けた担い手に対して奨励金を交付
 ・ 有害鳥獣対策としてストックポイントを町内に2か所整備
 ・ 農業用水施設(かんがい排水路、揚水機・頭首工、ため池等)の維持管理に対する補助率の引き上げ
 ・ 矢田川の井堰魚道の改修
 ・ 二十世紀梨をはじめとする「香住梨」のPR及び販路拡大、新品種梨「なしおとめ」の生産拡大
 ・ 美方大納言小豆、Sランク地区の優位性を生かした「コシヒカリ」の生産拡大
○ 畜産振興
 ・ 「美方郡産但馬牛」世界・日本農業遺産推進協議会が国に申請し、「兵庫美方地域の但馬牛システム」が日本農業遺産に認定されたことを機に、さらなる畜産振興を図るとともに、関係団体と一丸となった世界農業遺産の認定に向けた取り組みを推進
○ 林業振興
 ・ 災害に強い森づくり推進事業、森林管理100%作戦推進事業の継続実施
 ・ 新たな地域おこし協力隊を迎え、「木の駅プロジェクト推進事業」を拡充
 ・ 森林経営管理計画の策定
○ 漁業・水産加工業振興
 ・ 但馬漁業協同組合へ配置する地域おこし協力隊員を活用し、漁業分野における6次産業化に向けた研究
 ・ 魚食普及を含めた町内外でのイベント・PR活動の展開
 ・ 「香美町の水産を考える会」による、漁業、水産加工業のかつてのにぎわいを取り戻すための再興構想に基づく水産物流通機能高度化対策基本計画の策定
 ・ 香住東港水産加工排水処理場の排水処理のあり方について、関係者との調整、検討
○ 観光・商工業振興
 ・ 事業承継推進事業、地域産業活性化人材育成支援事業による事業所を支える人材の育成支援
 ・ 創業支援セミナー、企業・創造支援事業補助金制度の継続実施
 ・ 小規模事業所等が設備機器等の更新に必要な経費の一部を助成する「設備投資支援事業補助金」制度の新設
 ・ 海上タクシーを起業する場合の初期投資経費の一部を助成する制度を新設
 ・ 低所得者と子育て世帯に対して、プレミアム補助20%を付与した商品券を販売
 ・ 神戸営業所によるマスコミ等への情報発信、観光振興ポスター、ブックカバー広告による知名度アップを図るとともに、香美町等よる特産物のさらなる販路拡大に加え、香美町観光振興計画の実践委員会(仮称)を設置し、計画を実践
 ・ 鳥取県東部1市4町と美方郡2町などで構成する地域連携DMO「麒麟のまち観光局」による広域観光連携の推進
 ・ 外国語版ホームページの管理、多言語翻訳機の購入費用補助
 ・ 山陰海岸ジオパークのパンフレット作成、ジオカヤック指導者講習会・検定会、ジオパークウォーキングの開催、ガイド養成等によるジオパーク活動の普及・推進活動を積極的に展開
 ・ 但馬で有数の観光スポットとなった空の駅エレベーター・余部クリスタルタワーと道の駅あまるべをあわせた集客増加対策
 ・ 山陰海岸ジオパークトレイル協議会とともに、余部から香住、柴山、佐津をつなぐトレイルルートの整備とネットワーク化の推進
 ・ 小代ゴンドラリフト索道設備工事、ハチ北温泉湯治の郷ろ過機更新工事、猿尾滝遊歩道の落石対策工事、大乗寺門前まちづくり構想に基づく看板設置工事、老朽化した観光看板の撤去、都市と農村交流センターの施設改修を実施

 

(3) 【町内の活性化】
○ 移住定住者対策の推進
 ・ 空き家バンク制度及び移住定住ウェブサイト(企業・創業支援事業や就労情報を掲載)の有効活用
 ・ 都市部での相談会への参加、田舎暮らしフェア等への出展・参加
 ・ スタディーツアー(移住への課題抽出・学習)の実施
○ 地域おこし協力隊
 ・ 継続5名(移住サポート業務(空き家バンク運営、移住定住支援)、高校支援教育コーディネート業務、観光情報発信推進業務、日本で最も美しい村香美町小代運営業務)、更新2名(木の駅プロジェクト業務、かすみ水産業振興拡大業務)、新規1名(但馬高原植物園活性化推進業務)の総勢8名を予定
○ 地域内循環型経済の推進
 ・ 住宅取得奨励金制度及び住宅改修費助成金制度の継続実施
 ・ 木の駅プロジェクト推進事業による地域通貨の発行支援
○ 新しい地域コミュニティづくり
 ・ 地域課題の解決や地域づくりの活動に取り組む住民団体に助成
 ・ 新しいコミュニティ組織(地域運営組織)のモデル地区の立ち上げ
 ・ 町民向けの講演会や研修会を開催

 

(4) 【新分野への取り組み】
 ・ 木質バイオマスセンターを活用した木質チップの安定的供給体制の確保
 ・ 林地残材の収集による森林整備と地域活性化を融合した木の駅プロジェクト事業の推進
 ・ 町内一般家庭等へのバイオマスエネルギーの普及促進のため薪ストーブ設置費用の一部を助成
 ・ 区・自治会が実施する防犯灯及び集会所照明のLED化に対する補助を継続

 

(5) 【医療・福祉の充実】
○ 子育て支援対策
 ・ 生後から高校3年生まで(高校在籍の有無に関わらず18歳到達の年度末まで)の医療費の無料化
○ 保育料の軽減
 ・ 全ての所得階層を国基準の5割まで軽減(10月からは国の施策で無償化)
○ 病児保育事業
 ・ 病気になった児童を病院・保育所等で一時的に保育し、子育てと就労の両立を支援
○ 母子保健対策の推進
 ・ 子育て世代包括支援センターの運営及び妊産婦健康診査費助成制度、新生児聴覚検査費助成制度、特定不妊治療費助成制度、不育症治療費受診費助成制度に加え、妊娠を希望する女性及び妊婦の同居家族を対象に風しんの予防接種費用の一部を助成する制度の新設
○ がん検診の推進
 ・ 40・50・55・60歳を対象とした大腸・胃・肺・乳がんの無料検診の実施
 ・ 20・25・30・40・50・55・60歳を対象とした子宮頸がんの無料検診の実施
○ 健康づくりの推進
 ・ 「健幸ポイント事業」を通年にわたって取り組み、健康づくりへの動機づけや運動習慣の定着を促進
○ 医療体制の充実
 ・ 公立香住病院の内科医師及び小児科医師の招へい、診療所の安定した診療体制の構築
 ・ 医療技術者修学資金貸与制度等による看護師等の医療技術者の確保
 ・ 公立香住病院の地域包括ケア病床を8床から12床に増床
○ 高齢者福祉の充実
 ・ 「高齢者福祉計画」及び「介護保険事業計画」に基づき、「すべての高齢者の自分らしい暮らしをみんなで支え合うまちづくり」を目指した、「地域包括支援体制の充実」、「介護予防の推進」、「生きがいづくりと社会参加の推進」、「介護サービスの充実」への取組
 ・ 町内事業所の介護職員の確保に対する支援を継続するとともに、介護の仕事に必要な資格取得のための研修受講料についての助成率の引上げ
 ・ 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)多床室のプライバシー保護のための改修に対する助成、香住デイサービスセンター・香住グループホームのボイラー設備等の改修工事の実施
○ 障害者福祉の充実
 ・ 「障害者福祉計画」、「障害福祉計画」、「障害児福祉計画」に基づき、「みんな元気で共に支え合うまちづくり」を目指し、障害福祉サービスや相談支援体制の充実など、自立支援や社会参加の環境づくりとともに、障害のある子どもへの療育を推進
 ・ 重度障害者対応のグループホーム整備に対する助成
 ・ 難聴者の聞こえを支援するため、役場庁舎内に、ヒアリングループを導入

 

(6) 【交通の確保】
○ バス交通
 ・ 町民への利用意向調査を行ったうえで、運行の見直し。
○ JR香住駅の環境整備
 ・ 交通結節機能を整理し、利用者の利便向上を図るため、駅前広場の改修工事を実施
○ 道路網の整備
 ・ 北近畿豊岡自動車道、山陰近畿自動車道の早期完成に向け、特に佐津インターチェンジから豊岡側の早期事業化、国道9号笠波峠除雪拡幅事業の早期完成に向けた要望活動及び事業の推進

 

(7) 【教育の充実】
○ 魅力ある学校園づくり
 ・ ふるさと教育、学校間スーパー連携チャレンジプラン、ふるさと給食など、本町ならではの魅力ある学校園づくり
○ 学校環境のあり方
 ・ 各学校の教育ビジョンや教育内容、活動を説明したうえでその評価を受け、学校存続について判断を仰ぐこととしていることから、この学校版教育環境会議の充実を図り、保護者や地区住民と学校への理解を深め、地域で議論を行うため、各学校で、学校版教育環境会議を開催
○ 小学校の外国語活動の教科化への対応
 ・ 英語力の向上を図るため、夏季休業中に町内の小学校6年生を対象とした英語セミナーの実施
 ・ 英語検定受験への意欲を高めるため、全中学生を対象に英語能力判定テストを実施
○ 安全安心な教育施設の整備
 ・ 柴山小学校校舎の大規模改修工事の実施
 ・ 全幼稚園、小学校、中学校のエアコン設備工事を夏までに完了
○ 香住文化会館の整備
 ・ 香住文化会館の建て替え整備に向けた解体工事の実施
○ 東京オリンピック・パラリンピック事前キャンプの招致等
 ・ 2020年東京オリンピック・パラリンピックの事前キャンプ招致活動の実施
 ・ 関西ワールドマスターズゲームズ2021関西の大会運営委員会を開催し、外国人選手等の受け入れ体制の構築

 

(8) 【その他施策】
○ 小代地域局の建て替え整備
 ・ 老朽化の進んだ小代地域局の建て替え整備に向けた、実施設計の実施



-お問い合わせ-
総務課
電話0796-36-1111
FAX0796-36-3809
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?