重度障害者等日常生活支援事業について

 

重度障害者等日常生活支援事業とは?

 重度障害者が在宅で自立した日常生活を送る上において、必要な支援を美方郡広域シルバー人材センターへ依頼する場合に要する費用の一部を助成することにより、障害者が住み慣れた地域で安心した生活を続けられることを目的とします。 

 

  1.助成対象者

 町内に住所を有し、次の各号のいずれかに該当し、親族等による支援が困難で、かつ、世帯全員の町民税が非課税である世帯に属する重度障害者。

 (1)重度障害者のみの世帯に属する者

 (2)重度障害者と65歳以上の高齢者のみの世帯に属する者

 注 重度障害者とは、身体障害者手帳(1・2級)、療育手帳(A)、精神保健福祉手帳(1級)を所持する者です。

  2.助成対象業務

 助成の対象とする支援は次のとおりです。

 ◎障子の張替え、庭の清掃、草取り、玄関付近の除雪、雪囲い

  3.助成額

 助成対象となる人がシルバー人材センターを利用した料金の10分の3に相当する額

  4.主な利用の流れ
  

(1) 利用を希望する人は、事前に重度障害者等日常生活支援事業利用申請書(様式第1号)を役場福祉課又は各地域局健康福祉係へ提出

      ↓

(2) 福祉課で審査を行い、該当する場合は決定通知と利用券を交付

      ↓

(3) 利用者は、シルバー人材センターを利用した際に、利用券を提出するとともに、要した費用の7割を支払い

  

 ※利用券の有効期限は、交付の日の属する年度の末日です。利用券は、申請月により交付枚数が異なります。

申請月 交付枚数
4月から6月の場合 40枚
7月から9月の場合 30枚
10月から12月の場合 20枚
1月から3月の場合 10枚

 

  5.注意事項

 (1)シルバー人材センターへの業務の依頼は利用を希望する人が直接行ってください。
 (2)この事業での業務の利用時間は、1回あたり4時間以内を原則とします。
 (3)
対象となる人が死亡や転出等により要件を欠くに至った場合は、速やかに届出をして下さい。

 

ダウンロード



-お問い合わせ-
福祉課 社会福祉係
電話0796-36-1964
FAX0796-36-3809
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)