余部鉄橋「空の駅」エレベーター愛称決定!

 平成28年12月8日から平成29年1月31日まで募集をしていました余部鉄橋「空の駅」エレベーターの愛称が決定しました。
 全国各地からたくさんのご応募ありがとうございました。エレベーターが完成しましたら、ぜひ香美町へお越しください。

 ■ 応募状況
 
  応募総数  3,427件
  
  実応募人数 1,631人
  
  作品数    2,691種類
 
  ※応募状況の詳細については添付ファイルをご覧ください。
 
 
 最優秀賞 
 
 『余部クリスタルタワー』
 
■ 受賞者
  氏名 : 松岡尚志(まつおかたかし) 様
  住所 : 兵庫県美方郡香美町村岡区
  性別 : 男性
  年齢 : 83歳
 
■ 愛称の意味・考えた理由
  余部は必ず入れるべき、全国ブランドです。ガラス張りの塔のイメージ。
 
■ 選定理由
  『余部』の地名が入っておりPRになることに加え、『クリスタル』が、余部の美しい空、海などの風景を象徴しているとともに地域の光り輝く発展を期待させ、『タワー』が過疎の地域を照らすシンボルとしての存在感を連想させる良い名前である。
 
 
 優秀賞 
 
 『あまるべ47』
 
■ 受賞者
  氏名 : 名倉嗣朗(なぐらしろう) 様
  住所 : 兵庫県加古郡播磨町
  性別 : 男性
  年齢 : 52歳
 
■ 愛称の意味・考えた理由
  余部鉄橋「空の駅」展望施設へのアクセスのエレベーターだから。高さ47メートルと日本(47都道府県)随一の風光明媚な日本海を望むことをかけた。
 
■ 選定理由
  愛称の基準・条件に合致し、施設の高さをイメージでき眺望の良い観光名所としてPRしやすい。
 
 
 優秀賞 
 
 『あまるベーター』
 
■ 受賞者
  氏名 : 原 雅文(はらまさふみ) 様
  住所 : 愛知県安城市
  性別 : 男性
  年齢 : 67歳
※この愛称は、他に65人の方が応募されていましたが、受賞者については抽選により決定させていただきました。 
 
■ 愛称の意味・考えた理由
  余部の地名とエレベーターを組み合わせた造語です。余部の地名を全国に知っていただきたいと思い考えました。
 
■ 選定理由
  愛称の基準・条件に合致し、余部の名前を全国にPRできる。
 
 
 
■ 表彰
  最優秀賞受賞者は、完成記念式典において表彰させていただきます。
 
 
 
◆エレベーターの完成イメージ
 
(北側から見た姿) (北東側から見た姿)
(南側から見た姿) (撮影スポットから見た姿)
(展望施設入口から見た姿) (展望デッキから見た姿)
 
 ◆エレベーターの概要
  外   観  全面ガラス張り
  構   造  鉄骨造2階建て
  延床面積  120平方メートル
  高   さ   47メートル 
  定   員  15名
  速   度  毎分60メートル
 
 
◆余部鉄橋「空の駅」
 
soranoeki
 
sora1 sora2 
 余部鉄橋跡を歩くことができます。  高さ40mから日本海を眺めることができます。 
kouen1 kouen2
 広さ約2,400平米の自由広場。
 広場は全面芝生張りです。
 余部鉄橋橋脚跡(道の駅側)にある階段広場。
kouen3 kouen4

 余部鉄橋橋脚跡にある東屋。
 階段には枕木を使用しています。

 余部鉄橋の主桁モニュメントを設置しています。
 記念撮影に最適です。

 


所  在  地  JR山陰本線餘部駅横(余部鉄橋跡)

開 門 時 間  午前9時から午後8時30分
           ※開門時間は季節により変更することがあります。
            
現地の気象状況により閉門する場合があります。

入  場  料  無料

そ  の  他   余部鉄橋空の駅には車で行くことはできません。
           ※道の駅あまるべ駐車場をご利用いただき徒歩(約10分)でご来場ください。
              餘部駅までは、急な坂道ですので時間に余裕を持ってお越しください。
             

開門状況のお問合せ先  道の駅あまるべ
                   TEL 0796-20-3617

  
 余部鉄橋「空の駅」からの眺望


 

周辺案内図
MAP

 

関連情報

ダウンロード



-お問い合わせ-
観光商工課
電話0796-36-3355
FAX0796-36-3809
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)