水銀を含む廃棄物の適正な処理について

水銀を含む廃棄物の出し方にご注意ください!

 北但ごみ処理施設「クリーンパーク北但」で、水銀濃度が上昇し、施設の設定した数値を超えたため、焼却炉を緊急停止するという事態が発生しました。
 
水銀を含んだ廃棄物が「燃やすごみ」に混入したことが原因と推察されています。
 
焼却炉が一度停止すると、ごみ処理に重大な影響を及ぼすとともに費用が余分にかかってしまいます。
 
水銀を含んだ廃棄物をごみとして出す場合は、必ずキチンと分別し、適正な方法で出していただきますようお願いします。 

◎ 水銀を含む廃棄物の分け方・出し方 ◎

   
     
分け方・出し方は平成28年4月から変わっていません。再確認をお願いします。

(1)水銀体温計等

水銀体温計 水銀温度計 水銀血圧計 電池類


収集日 毎月1回『乾電池類』の収集日  ※ごみカレンダーでご確認ください。

出し方  中身の見える(透明または半透明)の任意の袋に入れて、氏名を書いて出す。

 ※体温計などは割れないように保管ケース等に入れて出してください。
 
※電池を使用しているおもちゃや電化製品を廃棄するときは、必ず電池を抜き取り、はずした電池を「乾電池類」で出してください。
 ※乾電池と体温計等は一緒の袋に入れて出すことができます。

     


(2)「蛍光管」

収集日 毎月1回『蛍光管』の収集日 ※ごみカレンダーでご確認ください。

出し方  割れないように購入時の筒や新聞紙などに包んで、「燃やさないごみ用指定袋」に入れて、氏名を書いて出す。

    ※直管蛍光灯は、袋から一部はみ出しても構いませんが、袋の口は結んでください。

    
 
☆事業活動に伴って発生した水銀を含む廃棄物を出す場合や、医療機関等から水銀を含む廃棄物を出す場合は、水銀を回収可能な処理業者へ委託して出してください。

関連情報

ダウンロード



-お問い合わせ-
町民課
電話0796-36-1110
FAX0796-36-3809
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)