『平成28年度全体研修会』を開催しました

 平成28年8月22日(月)、村岡老人福祉センターで、香美町の小・中学校、幼稚園、認定こども園、保育所、子育て・子育ち支援センターに所属する教職員や職員を対象に、「香美町教育研修所全体研修会」を開催しました。

 

 約200名が参加し、問題行動を起こす子どもに教員がどう関わるべきなのかなど、子どもたちへの指導・支援の在り方について研修しました。

 

 

    ◆演題 「特別支援教育の知見を生かした児童生徒への指導・支援の在り方」

 

    講 師  百瀬 和夫氏  (関西国際大学 准教授)

 

 実例をもとに子どもとの関わりや指導の在り方について講演する百瀬准教授。

 

 「問題行動を起こす子どもを理解するには、発達や特別支援の知識や見識が必要」と強調し、「マイナス行動を叱って抑制するのではなく、笑顔と積極的な言葉掛け、スキンシップが大切」とアドバイス。

 多くの教職員が参加し、 今後の指導に生かそうと研鑽を積みました。

 

 終了後のアンケートでは、

  ・「これからも笑顔でいたい」 (幼稚園教諭)

  ・「2学期の準備(心構え)ができた」 (小学校教諭)

  ・「とてもわかりやすく、具体的な手法が提示されて

    いたので、実践して行こうと思う」 (中学校教諭)

 

               等の感想が寄せられました。

 

 「全体研修会」は、本町の当面する教育課題をテーマに、教職員の指導力向上を目指して毎年開催しています。

関連情報



-お問い合わせ-
教育委員会 教育総務課
電話0796-94-0101
FAX0796-98-1532
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?