町民税・県民税 給与特別徴収の推進について

 兵庫県と県内すべての市町は連携して、町民税・県民税の特別徴収(給与天引き)を推進しています。
 特別徴収は従業員の負担が少なくなる便利な制度であり、手続きも簡単ですので、事業主の皆さまには手続きをよろしくお願いいたします。

特別徴収とは?

 事業主(給与支払者)が所得税の源泉徴収と同じように、従業員(納税義務者)に代わり、毎月従業員に支払う給与から町民税・県民税を引き去り(給与天引き)、町に納入していただく制度です。
 事業主(給与支払者)は特別徴収義務者として、法人・個人を問わず、すべての従業員について、町民税・県民税を特別徴収していただく必要があります。(地方税法第321条の4)

特別徴収のしくみ

従業員のメリット

 (1)金融機関へ納税に出向く手間がなくなります。
 (2)個人で納める納期が原則4回であるのに対し、特別徴収は年12回であるため、1回あたりの従業員の負担が少なくなります。
 (3)納め忘れによる延滞金がかかる心配がありません。

手続きの方法について

 給与支払報告書の表紙(総括表)に特別徴収していただく人数を記入していただくだけで、手続きは完了です。


兵庫県のホームページにも詳しい内容が掲載されていますので、そちらも併せてご覧ください。

 


 

 

 

 



-お問い合わせ-
税務課
電話0796-36-1113
FAX0796-36-3809
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?