食育の取組について

食育の取組について   

  香美町教育委員会では、「食」を通じて地域を理解することや、食文化や自然の恵みなど幅広い知識を身に付けさせることにより、子どもたちがふるさとの良さを見い出す教育を進めています。また、香美町で採れた安全・安心な地元の食材を学校給食を通して味わい、健やかな体づくりと食育を推進しています。

 

委員会  

 

 「香美町健康増進計画」及び「香美町食育推進計画」に基づき、児童生徒が豊かな人間性を育み、生きる力を身に付ける食育を推進するため、各小中学校・幼稚園・保育所及び認定こども園・各学校給食センターを代表する者で組織した香美町学校食育推進委員会を設置しています。

 

就学前  

 

  各幼稚園、柴山保育所、小代認定こども園では、給食、クッキング、弁当、季節や行事などの食に関する活動を通して様々な食材にふれることで、食べる楽しさと感謝する気持ちを育む取組を進めています。 

小中学校  

 

  小学校や中学校では、食に関する指導の充実に努めるため、毎年度「食に関する全体計画」「年間指導計画」を作成し、授業や給食の時間において食に関する指導を実施しています。

 小学校では、学校の畑や地元農家の田んぼなどを利用した野菜の栽培や収穫と調理実習、 生産者との交流を通じて食育を推進しています。

 中学校では、教育課程に『中学生の「ふるさとの魚調理実習」』を位置づけ、地域の人材の協力を得て魚の三枚おろしなど魚のさばき方を学習しています。

給食センター  

 

 学校給食センターでは、日本一のふるさと給食の実現をめざして、生産者やふるさと給食推進員と連携し、学校給食へ地元産の豊かな食材の活用拡大を図っています。

 栄養教諭等は、地産地消の献立づくり、給食内容の充実とともに児童生徒へ食に関する指導を行うなど食育の充実に努めています。

 

関連情報



-お問い合わせ-
教育委員会 教育総務課
電話0796-94-0101
FAX0796-98-1532
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?