「香美町学校間スーパー連携チャレンジプラン」がスタート!

 町内の小規模小学校9校が連携して合同で多人数授業を行う「香美町学校間スーパー連携チャレンジプラン」がスタート!

 これまで、連携する小学校の校長をはじめ、教師団が各部会で話し合いを重ね、新たな「授業づくり」を計画してきました。一つの市町内の9小学校、全学年が年間をとおして合同授業を行うのは兵庫県内では初めてのことであり、先進的な取組として注目されています。

  

(組織図をクリックすれば拡大した画面をご覧になれます)

 

 その記念すべき第1回目の授業が、4月23日に行われました!多人数で授業を受けた子どもたちの様子を紹介します。

 スクールバスなどに乗車して連携校へGO! 「どんな勉強をするのかな?」「友だちと仲よくできるかな」子どもたちはみんなドキドキワクワクしています。

 「こんにちは」「よろしくおねがいします」射添・小代小学校の1・2年生39人が、はじめましてのあいさつ。このあとの自己紹介では、ひとりずつ名前や好きな食べ物を上手に発表。仲間づくりゲームで緊張もほぐれ、すぐに仲よくなりました。

 こちらは3・4年生。学級活動でゲームをしました。とても楽しそうな子どもたちの笑顔が印象的です。このあと3時間目には3年生音楽、4年生体育をそれぞれ学習しました。

 いつもは9人で行っているドッジボールを、2校の4年生26人が2チームに分かれて試合開始!自分たちの担任ではない他校の先生に勉強を教えてもらうのも、いつもの授業とは違ってワクワクします。

 香住区5校(奥佐津・佐津・柴山・長井・余部小学校)の6年生35人が、合同授業で修学旅行の事前学習を行いました。自己紹介、ビデオ視聴し、感想を書いてひとりひとりが発表しました

 他校の児童のさまざまな意見を聞き、ますます学習意欲が高まりました。「次はいつ会えるかな?」「また一緒に勉強しようね!」



 TOPに戻る

 

関連情報

ダウンロード



-お問い合わせ-
教育委員会 教育総務課
電話0796-94-0101
FAX0796-98-1532
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)