米・食味分析鑑定コンクール金賞受賞米「村岡米」のご紹介

“日本一おいしい米づくりをめざして”

村岡米 金賞 受賞!!

 平成24年11月22日、23日に、長野県木島平村で開催された日本最大規模のお米のコンクール「第14回米・食味分析鑑定コンクール」において、JAたじま村岡米生産組合の中村博さん(村岡区市原)がコンクール最高位の総合部門金賞を受賞されました。

 これで村岡米は、総合部門金賞を3年連続で受賞し、参加した7大会全てで入賞を果たしています。中村さんも一昨年以来自身2度目の総合部門金賞となり、特別優秀賞とあわせて3回目の入賞となりました。

 また、同生産組合の田中敬二さん(村岡区板仕野)も水田環境特A部門で特別優秀賞を受賞されました。田中さんも過去に総合部門金賞を受賞しており、今回で3回目の入賞となりました。
 

村岡米を生産している田んぼの風景

 
 
 村岡米(むらおかまい)は村岡米生産組合(西田英喜組合長)が生産しているお米です。
同組合は、平成18年に地域資源を有効に活用し、環境と食味を重視した栽培により、地域農業を活性化させ、担い手の育成を行っていこうという目的を持って設立されました。
 平成24年8月現在、組合員は21名、栽培面積は約24haで、活動内容は村岡米の栽培のほかに、食味向上の勉強会や生産者、JA、販売店と一体となった指導・販売体制の確立、販売促進活動(消費者との交流事業、販売イベント)などを行っています。

 食味を重視した栽培は、全国的にも評価されており、国内最大規模のお米のコンクール「米・食味分析鑑定コンクール」において、平成18年に初出品して以降、6大会すべてにおいて、入賞しています。その中でも総合部門の金賞(最高位)を3大会で、水田環境部門金賞を2大会で受賞しており、品質の高いお米を安定して生産していることが証明されています。
 但馬牛の堆肥による土づくりと有機質肥料を中心とした肥料の使用、昼夜の気温差が大きいという地域独特の環境等、地域資源を最大限に活用した日本一おいしい米づくりに取り組んでいます。
 

リンク



-お問い合わせ-
JAたじま 村岡営農生活センター
電話0796-98-1111
FAX0796-94-0735
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?