県指定文化財

大乗寺 客殿及び庫裡、山門
だいじょうじ きゃくでん および くり さんもん

 

客殿及び庫裡

山門

 

 

【客殿及び庫裏】
 規模が大きく、極めて上質の建造物で、町内で比肩するものがありません。また、客殿は国指定重要文化財の圓山應舉一門の障壁画が完全に保存され、客殿の構造と調和し質の高い芸術空間を作りだしています。

【山門】
 門の建築で、このような手の込んだ細部を作るのは珍しく、さらに所狭しと充填された彫刻は中井権次橘正次の作です。精緻な細部に対して、軒の出が大きく全体の形は雄大です。この時代の技巧を凝らした本格的な門の建築として、町内随一の優作です

指定年月日

 平成23年3月18日

種別

 有形文化財 建造物

所有者・所在地

 (宗)大乗寺 香住区森

指定内容

  【客殿及び庫裏】
  桁行32.7m 梁行18.9m 入母屋造 銅板葺 玄関 向唐破風造 銅板葺
 【山門】
  三間三戸八脚門 入母屋造 桟瓦葺

 



-お問い合わせ-
教育委員会 生涯学習課
電話0796-94-0101
FAX0796-98-1532
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?