名勝 猿尾滝

滝の紹介

 

昭和43年3月29日 県指定文化財 名勝。
平成2年4月28日 全国の滝百選に認定。

滝の景観が猿の尾に似ていることから猿尾滝と名付けられました。
滝は二段に形成されており、
上段の滝(雄滝)は水がゴツゴツした岩肌を流れ落ち、荒々しく男性的に直下する瀑布であり、
下段の滝(雌滝)は水が岩の割れ目を滑るように流れ落ち、流麗で女性的な滝です。
 


 

上段、下段の滝の様子
 


●四季の滝
春は新緑に映える滝。
夏は納涼の滝姿。
秋は燃えるような紅葉と白い瀑布のコントラスト。
冬は近寄りがたい氷壁の滝。

千変万化に姿を変え、四季折々に異なった滝の風情が楽しめます。


 

春、夏、秋、冬です。 


●滝の秘物
上段滝の中ほどに自然の石仏が見られます。
それはまさに滝に打たれる修行僧のようで、
自然の造形の神秘さを感じさせられます。

滝の中に見える物は、観音様、仏様、マリア像、岩ザルなどで、

「新・但馬の七不思議」自然部門で2位に選ばれた
パワースポットにもなっています。
(情報誌の読者投票により選んだもの。)

ここを訪れた方からは、
 「猿尾滝に通い拝み続けると医者にかかっても良くならなかった
身体が治った。」
 「行事やイベントがあるとき滝に向って雨がやむように拝むと
ホントに良くやむんです。」
などの話もあるようです。


 

観音様、岩ザル


●滝ツボ
上段の滝、下段の滝、それぞれに滝壺があり、下段の滝壺へ徒歩で行くことが
できます。(上段への遊歩道は現在立入禁止となっています。)
滝ツボ付近では、マイナスイオンを身体いっぱいに浴びることができます。
上段のツボでは、午後の日差しを受けて綺麗な虹がかかると評判にもなっています。


●滝の名物
江戸時代に村岡藩主の山名公が陣屋を構え、村岡藩は一万一千石の城下町と
して栄えていました。
その殿様が猿尾滝で「そうめん流し」を楽しんだと伝えられています。
これにちなんで、毎年七月の第二日曜日に「猿尾滝まつり」を催し、竹を用いて
滝の水を導き、長い長いそうめん流しを行い、多くの観光客でにぎわっています。

 

 

長い長いそうめん流し。川に足をつけたり、滑岩をすべったりもできます。



●滝の散策
猿尾滝には兵庫県ボランティアガイド第1位に輝いた名物ガイドさんがいます。
いつも元気いっぱいに、滝を案内してくれます。(有料、要予約 電話0796-94-0123)




●お土産
駐車場に隣接している「猿尾茶屋」(売店)は4月末~11月末の土日に営業中です。
地元の特産物や「美人タオル」のどのオリジナル商品があります。
滝の水を含ませて肌をしめらせると美肌?になるかも。


●ライブラリ

 

駐車場から滝までは徒歩3分程度です。


●その他の滝
猿尾滝から車で5分程度走ったとなりの集落、耀山(かかやま)の山の手には、
岩肌を滑るように水が流れ落ちている、落差15メートルの「女郎滝」があります。

 


車で20分ほど走った小代区鍛冶屋(かじや)には、上段23メートル、下段5メートル
の二段滝で、360度どの方向からでも滝見のできる珍しい滝、「吉滝」があります。
県の天然記念物にも指定されており、滝ツボの裏側には吉滝神社があり、
別名「裏見の滝」ともいわれています。

 

 

  

猿尾滝周辺の位置図



 

猿尾滝パンフレット(1)


 



 

猿尾滝パンフレット(2)


 



 

 

ダウンロード



-お問い合わせ-
観光商工課
電話0796-36-3355
FAX0796-36-3809
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)