脳脊髄液減少症について

 近年、交通事故やスポーツ外傷等の後に、脳脊髄液が漏れ出し減少することによって、立位性頭痛(立位によって増強する頭痛)などの頭痛、頸部痛、めまい、倦怠感、不眠、記憶障害などの様々な症状を呈する「脳脊髄液減少症」と呼ばれる疾患が起こりうるのではないかという報告が一部の研究者からなされています。

 この疾患については、現在診断基準が確立されていません。そのため、国などは診断基準等を検討するための研究班を設置するなど、医学的な解明が進め、平成23年10月に脳脊髄液漏出症の画像診断基準を公表し、診療指針の作成を目指しています。

 また、平成28年4月から、硬膜外自家血注入療法(ブラッドパッチ療法)が保険適用となっています。

 兵庫県ホームページに研究の動向や診療可能な医療機関、相談窓口が掲載されておりますので、診療・相談を希望される方はご参照ください。

 



-お問い合わせ-
健康課
電話0796-36-1114
FAX0796-36-3809
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?