日本脳炎予防接種の特例措置について

 日本脳炎の予防接種は、接種後に重い病気になった事例があったことをきっかけに、平成17年度から平成21年度まで、日本脳炎の予防接種の積極的勧奨を差し控えていました。
 その後新しいワクチンが開発され、現在は日本脳炎の予防接種を受けられるようになりました。
 このため、日本脳炎の予防接種の積極的勧奨の差し控えにより、平成7年6月1日から平成19年4月1日までに生まれた方は、平成17年度から平成21年度の間に予防接種を受ける機会を逃していることがありますので、不足している回数の予防接種を受けることができます。


日本脳炎予防接種の標準的なスケジュール

◆ 第1期 初回接種
  ・ 対象者    標準年齢 3歳~7歳6カ月未満
  ・ 接種回数  2回  接種日の翌日から6日から28日の間隔をあけて2回接種

◆ 第1期 追加接種
  ・ 対象者    標準年齢 3歳~7歳6カ月未満
  ・ 接種回数  1回 1期初回終了後(1期初回2回目)、おおむね1年の間隔をあけて1回接種

◆ 2期
  ・ 対象者    9歳~13歳未満
  ・ 接種回数  1回接種 


日本脳炎予防接種の特例措置

◆ 対象者
  平成7年6月1日から平成19年4月1日までに生まれた方で、第1期(初回2回、追加1回 計3回)と第2期(1回)の必要な回数が接種できていない方
 
◆接種期間
  上記対象者が、20歳未満までの間
 
◆接種方法
 母子健康手帳で日本脳炎の予防接種の記録を確認して、接種回数が不足している方は、下記を参考にして接種をしてください

○ 1回も接種をしていない場合(不足している回数 4回、第1期初回1回目から接種)
 1 第1期初回1回目、2回目の接種を6日から28日の間隔をあけて接種
 2 第1期初回2回目の接種後、おおむね1年(11か月から13か月の間)の間隔をあけて第1期追加を接種
 3 第1期追加の接種後、6日以上の間隔をあけて、第2期の接種
     
○ すでに1回接種をしている場合(不足する回数 3回、第1期初回2回目から接種)
 1 第1期初回2回目を接種
 2 第1期初回2回目を接種終了後、6日から28日の間隔をあけて第1期追加を接種
 3 第1期追加を接種後、6日以上の間隔をあけて、第2期を接種(9歳以上)
   
○ すでに2回接種をしている場合(不足する回数 2回)
 1 1期追加を接種
 2 第1期追加を接種後、6日以上の間隔をあけて、第2期を接種(9歳以上)

○ すでに3回接種をしている場合(不足する回数 1回)
   9歳以上になってから第2期を接種

(注)1 第2期は、9歳以上になってから接種をしてください。
   2 第2期は、接種期間内に、第1期終了後、おおむね5年の間隔をおいて接種することが望ましいです。(第1期終了後、5年の間隔があけることが難しい場合は、第1期終了度、1年以上の間隔をあけることをお勧めします)

◆接種の手続き
   対象者の方で、日本脳炎の予防接種を希望される場合は、母子健康手帳を持参して、役場健康課又は各地域局健康福祉係までお越しください。役場健康課等で母子健康手帳を確認して、不足する回数の「予診票」と「予防接種と子どもの健康(日本脳炎)」をお渡しします。 

◆接種費用  
   無料

◆接種の実施
 日本脳炎の予防接種を希望される方は、各自で医療機関に予約をして接種をうけてください。接種を受ける時は、医療機関に、母子健康手帳と予診票を持参してください。


外部リンク

◆厚生労働省ホームページ
  
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou20/index.html
 
◆日本脳炎ワクチン接種に係るQ&A
  
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou21/dl/nouen_qa.pdf
  

 



-お問い合わせ-
健康課
電話0796-36-1114
FAX0796-36-3809
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?