~町の医療を知り、みんなで考えよう~
「香美町の医療を考える」フォーラムを開催しました

 平成23年2月11日(金:祝日)、香美町香住区中央公民館において、『香美町の医療を考えるフォーラム』を開催しました。当日は、多くの方にご参加いただき、町の医療の現状を知っていただき、これからの町の医療について、みんなで考える機会となりました。

 フォーラムの前半は、基調講演としてNPO法人地域医療を育てる会(千葉県)の藤本晴枝理事長が「橋を架けよう~NPO法人地域医療を育てる会の取り組み~」と題して講演されました。講演の概要は、同会の立ち上げの経緯、同会の取り組みとしてどのように医療現場の実状を情報紙で地域住民に伝えられたか、若手医師を育てる取り組みなどの取り組みを通して、住民自らができること、何をすべきかについて講演されました。
 
 後半のパネルディスカッションは、 自治医科大学地域医療学センターの阿江竜介氏をコーディネーターとして、パネリストは、公立香住病院院長、公立村岡病院院長、2人の町民代表、藤本理事長、町長の6人がそれぞれの立場で発表を行い、その後で、会場内の参加者との意見交換を行いました。

 コーディネーターの阿江氏は、会場内の参加者席を回られ、参加者からはさまざまな貴重な意見が述べられました。
医療現場の実情を知り、医療・住民・行政が連携をしてそれぞれの立場で何ができるか、何をすべきかについてさまざまな意見交換がなされ、会場が一体となって、これからの町の医療について考える機会となりました。

開催概要

 開催日 平成23年2月11日(金:祝日)午後1時30分~午後3時30分
 場所 香美町香住区中央公民館 文化ホール
 参加人数 住民、医療関係者、行政職員等 約350人
 主催 香美町地域医療フォーラム実行委員会(香美町・香美町議会)
 内 容 【基調講演】 「橋を架けよう~NPO法人地域医療を育てる会の取り組み~」
 講師 NPO法人地域医療を育てる会(千葉県) 理事長 藤本 晴枝 氏

パネルディスカッション

コーディネーター 自治医科大学地域医療学センター 阿江竜介氏
パネリスト 公立香住病院院長浦辺啓太氏、公立村岡病院院長石田長次氏
田中 啓夫氏(住民代表)、小谷博氏(住民代表)
NPO法人地域医療を育てる会理事長 藤本 晴枝 氏、香美町長

フォーラムの様子   
 
 詳しくは、町広報香美3月号のフォーラム特集記事をご覧ください。→
こちら

NPO法人地域医療を育てる会理事長 藤本晴枝氏による基調講演
 パネルディスカッションでは、医療・住民・行政が一体となって、町の医療、医師の現状を知り、それぞれの立場で何ができるか、何をすべきかについて意見交換しました。参加者から、さまざまな意見が述べられました。
多くの方がアンケートに協力していただき、さまざまな意見や感想が寄せられました。

参加者アンケート集計結果 

【参加者数】336人

【回答数】203人(回収率60.4%)

【アンケート集計結果】
・アンケート回答者の属性、調査項目別の回答数及び割合について
・調査項目 基調講演の感想(記述) パネルディスカッションの感想(記述) フォーラムの主旨の理解(記述)

地域医療への取り組みの紹介チラシ(フォーラム参加者に配布しました。)
  
 当日は、会場内のロビーに、公立香住病院小児科医師への若いお母さん達からの感謝のメッセージ「ありがとうのかべ新聞」をお借りして掲示しました。
 また、町内3か所で開催した香美町地域医療巡回セミナーの様子も掲示しました。



ダウンロード



-お問い合わせ-
健康福祉部 健康課 地域医療対策室
電話0796-36-1114
FAX0796-36-3809
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)