行財政改革の実績(平成20年度)

香美町では平成19年1月に策定した「香美町行財政改革大綱」に基づいて、平成18年度から平成20年度までを集中改革期間と定め、財政運営健全化に向けて歳入・歳出両面からの改革を重点的に行ってきました。

平成20年度の主な取組みとして、旧庁舎跡地などの当面利用予定のない町有地を売却したほか、し尿処理の町外受入などを実施して歳入の確保に努めました。

歳出では、昨年度に引き続き職員給与等の削減や、物件費の削減に取り組みましたが、退職手当組合の負担金増加や繰上償還を行ったことによる公債費の増加など、計画策定時に見込んでいなかった事象もあり、若干、計画から乖離した部分もありますが、地方交付税の増加などもあり、歳入歳出差引のバランスに問題は生じませんでした。

実質公債費比率は当年度決算で26.6%となり、前年度決算27.4%より順調に改善しています。財政調整基金等については、繰上償還に伴う基金取崩しにより一時的に7億円を下回りましたが、平成21年度中に決算剰余金を積み立てることで、7億円の堅持という基本的事項は達成されています。

 

行革大綱との比較

一般会計

(一般財源ベース)

決算額

(千円)

大綱計画

(千円)

差 引

(千円)

町税

2,010,700

2,064,000

53,300

地方交付税

6,242,515

5,842,000

400,515

その他

1,134,039

1,093,000

41,039

基金取崩額

453,623

100,000

353,623

合計

9,840,877

9,099,000

741,877

人件費

1,879,130

1,794,000

85,130

物件費

982,946

953,000

29,946

扶助費

257,309

276,000

18,691

補助費等

1,227,080

1,055,000

172,080

繰出金

1,959,075

2,003,000

43,925

公債費

3,009,924

2,848,000

161,924

投資的経費

158,785

129,000

29,785

その他

87,552

41,000

46,552

合計

9,561,801

9,099,000

462,801

歳入歳出差引

279,076

0

279,076

 

主な取組み内容

効果額

(千円)

未利用町有資産の売却

74,030

し尿処理の町外受入等による持込手数料

31,572

ごみ処理手数料、指定ごみ袋料金等の改定

11,088

町有施設利用料の改定

2,619

各種窓口証明手数料の改定

1,204

人件費

特別職等給与削減

(町長△32%、副町長△23.5%、教育長△19%)

職員基本給の引き下げ(△3.5%~5%)※全会計

退職者不補充(対前年△15人)※全会計

 

12,264

78,448

109,315

物件費

経常経費の削減

5,094

投資的経費

一般財源の削減

33,804



-お問い合わせ-
財政課
電話0796-36-1942
FAX0796-36-3809
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?