県指定重要文化財

大笹のザゼンソウ群落
おおささのざぜんそうぐんらく

ザゼンソウの群落は県内では氷ノ山・扇ノ山・妙見山・鉢伏山・音水渓谷などの湿地に集団して自生する。鉢伏山、ハチ高原の東にある大笹のザゼンソウ群落は面積1.5ヘクタールにおよび、植生状態きわめて旺盛であり、他に比肩を見ない。これ故に本群落はザゼンソウの植物分布に関する学術的価値の最も高いものと認める。

 指定年月日
 
 昭和46年4月1日

種別

 記念物 天然記念物

所有者・所在地

 村岡区大笹

指定内容
 
 ザゼンソウ. Symplocarpus foetidus Nutt.forma latissimus Makino はサトイモ科に属し、寒地の多年生草本である。本州の中部高原すなわち岐阜県・京都府・兵庫県・鳥取県・岡山県に分布する。 



-お問い合わせ-
教育委員会 生涯学習課
電話0796-94-0101
FAX0796-98-1532
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?