建設工事における最低制限価格の算定式の改定について

 公共工事の適切な品質や安全管理の確保の観点から、最低制限価格を設定していますが、中央公共工事契約制度運用連絡協議会モデル及び兵庫県の最低制限価格等の改定を踏まえ、本町の建設工事における最低制限価格の算定基準を改定します。


1 改正の概要
 算定式のうち、直接工事費の乗率を0.97に引き上げる。(従来0.95)

2 算定基準
 <最低制限価格の算定式>  

 

現   行

改 定 後

算定式

直接工事費×0.95
 +共通仮設費×0.9
 +現場管理費×
0.9
 +一般管理費×0.55

直接工事費×0.97
 +共通仮設費×0.9

 
+現場管理費×0.9
 +一般管理費×0.55

設定範囲

0.7~0.9 

0.7~0.9

3 適用時期
 平成29年7月1日以降に入札公告(通知)を行うものから適用する。



-お問い合わせ-
総務課
電話0796-36-1111
FAX0796-36-3809
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?