町指定文化財

村岡藩主山名氏墓所
むらおかはんしゅやまなしぼしょ

 村岡藩初代山名豊国は清和源氏の流れを汲む山名氏の末裔であり、慶長6年(1601)に但馬国七美郡6700石の知行を得ました。
 初代豊国、2代代目豊政は江戸で暮らしており、3代目矩豊がはじめて寛永19年(1642)に七美郡に入りました。以来13代義鶴に至るまでの墓所が村岡区内3箇所に分けて安置されています。格式に則った墓標は山名氏の風格を遺憾なく発揮し歴史的、石造美術的にも価値の高い文化財です。

 

一二峠御廟

壺渓御廟

桜山御廟

指定年月日

 平成元年5月30日

種別

 記念物 史跡

所有者・所在地

 下記のとおり

指定内容

 村岡藩主山名家墓所については、一二峠御廟、壺渓御廟、桜山御廟の3ヵ所所在する。

 一二峠御廟[ほいとうげごびょう]
 ・所在地 村岡区萩山
 ・初代 豊国奉安

 壺渓御廟[つぼだにごびょう]
 ・所在地 村岡区村岡
 ・三代矩豊、四代隆豊、五代豊就、六代豊暄、七代義徳、八代義方、九代義蕃、十代義問奉安

 桜山御廟[さくらやまごびょう]
 ・所在地 村岡区村岡
 ・十一代義済、十二代義路、十三代義鶴奉安



-お問い合わせ-
教育委員会 生涯学習課
電話0796-94-0101
FAX0796-98-1532
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?