町指定文化財

和田ショウブの綱引き
わだしょうぶのつなひき

 旧五月節供のショウブ綱引きの伝統行事です。
 現在但馬地方で祭りで綱引きを行われているのは極僅かとなり、貴重な文化財といえます。

 

和田ショウブの綱引き
和田ショウブの綱引き
指定年月日

 平成13年3月14日

種別

 民俗文化財 無形民俗文化財

所有者

 村岡区和田地区

指定内容

 子供や青年が屋根に上げた菖蒲、よもぎ、すすきの束を集め、これに藁を貰い村の広場に寄せます。別に山から「しん」にする欅等の枝を取ってきて、八人がかり、八つ組の綱を作ります。
 綱は長さ50メートル、直径50センチメートル程のもので、これに枝をつけて引き手とします。出来上がると、初節句の家から祝い酒が出されます。夕食後、村の中央の通りで、村中の男女子供が、上組と下組とに分れて引きあいます。
 これまでに、三度ほど行事を止めた年もありましたが、その年には、村に火災が起こり、その恐ろしさのために現在でも行事が続けられています。



-お問い合わせ-
教育委員会 生涯学習課
電話0796-94-0101
FAX0796-98-1532
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?