兵庫県指定重要無形民俗文化財「香美町の三番叟」

香住三番叟
かすみさんばんそう

 香住区内で6箇所伝承されている三番叟のひとつ。香住神社秋季祭礼に奉納されています。三番叟は千歳、翁、黒木尉で構成され、大きな流れは他の地区の三番叟と同じですが、節回しや細部の動作が伝承されている地区ごとに違います。
 平成30年3月8日には「香美町の三番叟は、社会の変化に応じて長く伝承され、能や歌舞伎という伝統芸能が近世の地域社会に定着、継承されてきた事例として、民俗芸能の資料を提供する貴重な存在である。」として香美町内7カ所の三番叟を一括し「香美町の三番叟」として兵庫県指定重要無形民俗文化財に指定されました。


香住三番叟指定年月日

 町指定 昭和44年11月3日
 県指定 平成30年3月8日

種別

 無形民俗文化財

所有者・所在地

 香住三番叟保存会 香住区香住

指定内容

 香住神社秋季祭礼に奉納。所要時間 約45分。舞手方、歌手方、囃子方の三部から構成されています。



-お問い合わせ-
教育委員会 生涯学習課
電話0796-94-0101
FAX0796-98-1532
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?