町指定文化財

打製石斧
だせいせきふ

 この打製石斧は上ノ山遺跡1号住居跡から出土しました。形態、ともに出土した遺物から縄文時代中期~後期にかけてのものだと考えられます。打製石斧は一般的に掘削道具とされ、この打製石斧にも道具として使った痕跡が残っています。材質はサヌカイト製でこの近隣にはサヌカイトを産出する場所がないため、交易によってもたらされたものと考えられています。


打製石斧指定年月日

 平成5年3月31日

種別

 有形文化財 考古資料

所有者・所在地

 香美町教育委員会 村岡区村岡

指定内容

 上ノ山遺跡1号住居跡にて、いずれも刃がついている方を住居跡中央に向けて住居跡壁面近くに並んだ状態で出土しています。えぐりのある部分以外には刃の端に少しだけ刃をつくるための調整が施されているだけで、刃の角度そのものには全く手が加えられていません。えぐり部には擦れた跡がみられ、刃のまわりには使用による磨耗痕が残ります。

 (左)長さ15.2センチ 最大幅7.4センチ えぐり部幅4.4センチ 最大厚さ3.2センチ
 (中)長さ15.6センチ 最大幅7.2センチ えぐり部幅3センチ 最大厚さ2.8センチ
 (右)長さ10.2センチ 最大幅5.6センチ 最大厚さ1.8センチ



-お問い合わせ-
教育委員会 生涯学習課
電話0796-94-0101
FAX0796-98-1532
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?