町指定文化財

独鈷石
どっこいし

 香住区下浜帝釈寺裏の山から出土したと伝えられています。中央に刀の鍔のように膨らんだ2つの帯が全体を一周し、断面は卵形をしています。ほぼ真直ぐですが、先端部が下方に偏っているため湾曲しているような感じがします。
 製作は主として叩いて成型されていますが、最後は削って仕上げています。先端部は槌のような形になっています。


独鈷石指定年月日

 昭和48年2月1日

種別

 有形文化財 考古資料

所有者・所在地

 (宗)帝釈寺 香住区下浜

指定内容

 全長 19.9センチメートル
 最大巾 8.4センチメートル
 最大厚 5.4センチメートル
 右先端部の一部が欠損しているのみで、ほぼ完形に近い状態です。



-お問い合わせ-
教育委員会 生涯学習課
電話0796-94-0101
FAX0796-98-1532
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?