町指定文化財

貴徳面
きとくめん

 彫刻・造形がすばらしく、形式・彩色などの作風から推定制作年代は鎌倉時代。鼻は高くないが獅子鼻系で獅子と同じように行列の先頭に立ち、先払い・悪魔払いに使用されたものと考えられます。


貴徳面指定年月日

 昭和47年2月23日

種別

 有形文化財 彫刻

所有者・所在地

 (宗)黒野神社 村岡区村岡

指定内容

 高さ20センチメートルほどの桧の舞楽面で、目尻に赤、金箔、鼻、眉の辺に緑青がのこる。
 への字形にきりっと結んだ口元、大きな鼻、かっと見開いた目、太い眉と大ぶりで荒けずりの彫法であるが、なかなかに迫力があります。
 帰徳面は緑色か肉色かに塗るといわれるように、本面にも顔の一部に緑青が残っています。



-お問い合わせ-
教育委員会 生涯学習課
電話0796-94-0101
FAX0796-98-1532
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?