町指定文化財

般若(釈迦)十六善神像
はんにゃ(しゃか)じゅうろくぜんしんぞう

 般若経とそれを誦持[じゅじ]する人々を守る十六の夜叉神像を描いたもので、釈迦如来坐像を中央に、その下、左右に普賢と文殊の両菩薩、さらに十六夜叉神像を分列的に両側にいかめしく配置しており、華麗な色調で仕上げられた優品で、室町時代の作と見られます。


般若(釈迦)十六善神像指定年月日

 昭和57年7月12日

種別

 有形文化財 絵画

所有者・所在地

 (宗)帝釈寺 香住区下浜

指定内容

 真言宗の寺院に多く所蔵されている密教的なもので、帝釈寺のものは華麗な色調を示しています。
 縦 100.7センチメートル
 横 52.2センチメートル
 極彩色



-お問い合わせ-
教育委員会 生涯学習課
電話0796-94-0101
FAX0796-98-1532
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?