県指定重要文化財

吉滝
よしたき

 下流の久須部川にかけて、オオサンショウウオがいることを確認していることから、その棲息地として価値があります。自然の風致、景観に加えて、学術的な価値のある文化財となっています。


吉滝指定年月日

 昭和47年3月24日

種別

 記念物 天然記念物

所在地

 小代区鍛治屋

指定内容

 滝の高さが28メートル(第1滝[23メートル]、第2滝[5メートル])あり、吉滝神社が滝の裏側に建立されています。
 裏見の滝は県下でもめずらしく、見学者を喜ばせています。
 滝つぼから吉滝神社の裏側まで15メートルあり、夏などは納涼の場所としても大変喜ばれ、左右には通称金の滝(5メートル)、銀の滝(8メートル)があり、砂にまじって金粉、銀粉がみられる不思議な滝もあります。
 滝の周囲はとち約10本(最大根囲り7.6メートル)けやき4本(最大根囲り4メートル)等巨木に混じってもみじを中心にした雑木林があり、秋の紅葉は大変すばらしい風景です。



-お問い合わせ-
教育委員会 生涯学習課
電話0796-94-0101
FAX0796-98-1532
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?