県指定重要文化財

郡主神社本殿
ぐんしゅじんじゃほんでん

 組物、蟇股など細部手法には目を見張るものがあり、また、時代の特色をよくあらわしています。
 へき地にありますが、地方色のない点も注意すべきであります。
 小規模ながら但馬地方における室町中期の建造物として貴重なものとなっています。


郡主神社本殿指定年月日

 昭和38年9月3日

種別

 有形文化財 建造物

所有者・所在地

 郡主神社 村岡区板仕野

指定内容

 指定概要柿葺 三間社流造 「郡支配棟礼写」(文化5年)によれば、本殿は応永15年(1408年)の建立と伝え、寛永・享保などその後数次の修理を経て今日に至っています。
 修理はおおむね向拝まわりの一部に留まっており、建築当時の様子を現在に伝える貴重な文化財です。



-お問い合わせ-
教育委員会 生涯学習課
電話0796-94-0101
FAX0796-98-1532
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?