国指定天然記念物
鎧の袖
よろいのそで

 鎧の袖は高さ約70メートル、幅200メートル、傾斜角70度の切り立った崖で、崖のほとんど全部が柱状節理の著しく発達した流紋岩からできており、火成岩の構造としてはとても珍しいものです。柱状節理と板状節理が交わり、鎧の縅[おどし]のようにみえるために鎧の袖の名が生まれました。


鎧の袖指定年月日

 昭和13年5月30日

種別

 記念物 天然記念物

管理団体

 香美町

指定地域

 兵庫県美方郡香美町下浜字フナ谷1535-2 他 1,761平方メートル


【用語解説】
 縅(おどし) 日本の甲冑の作り方の一つで小さな札を上下に結び合わせたもの



-お問い合わせ-
教育委員会 生涯学習課
電話0796-94-0101
FAX0796-98-1532
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?