国指定重要文化財

木造聖観音立像(帝釈寺)
もくぞうしょうかんのんりつぞう

木造聖観音立像 左手は失われてしまっていますが蓮華を持ち、右手は与願印だったと考えられています。桧の一本造りで両手のほとんどを同じ木で彫りだしています。下半身の服には波のような模様が刻まれており、裾の両側が引きあげられています。目は直線的で切長になって、平安時代の特徴をよくあらわしています。


指定年月日

 明治34年8月2日

種別

 有形文化財 彫刻

所有者・所在地

 (宗)帝釈寺 香住区下浜

指定内容

 像高 144.7センチメートル 木造彩色 平安時代



-お問い合わせ-
教育委員会 生涯学習課
電話0796-94-0101
FAX0796-98-1532
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?