国指定重要文化財

絹本著色釈迦十六善神像
けんぽんちゃくしょくしゃかじゅうろくぜんしんぞう

絹本着色釈迦十六善神像 大乗仏教の教えを説くために描かれた絵で、大般若教を基にして描かれたものです。釈迦如来を中心に文殊菩薩[もんじゅぼさつ]、維摩居士[ゆいまこじ]などの仏法を守る十六善神を配し、下に玄奘三蔵[げんじょうさんぞう]、深沙大将[じんじゃだいしょう]が描かれています。詳細は不明ですが、信仰の対象であったと考えられています。
 厳しい表情や衣服の細かな文様など、描写は写実的で極めて緻密に描かれています。伝承によれば宮中の絵所の絵師巨勢金岡[こせのかなおか]作と伝えられていますが、実際は鎌倉時代後期から南北朝時代の作とされています。


指定年月日

 大正6年4月5日

種別

 有形文化財 絵画

所有者・所在地

 (宗)黒野神社 村岡区村岡

指定内容

 ・寸法
 表具 縦 216センチメートル 横 84センチメートル
 画面 縦 130.3センチメートル 横 58.5センチメートル



-お問い合わせ-
教育委員会 生涯学習課
電話0796-94-0101
FAX0796-98-1532
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?