古くなった消化器にご注意ください!! 

 平成21年9月15日及び16日に大阪市及び福岡県において、古くなった消火器の破裂事故が発生しました。
 一般的な消火器は、消火器の内部に高圧のボンベガスが入っており、消火器のレバーを握るとガスが噴出し、その圧力で消火薬剤を放出する仕組みになっています。
 その時、腐蝕が進んだ消火器は、圧力に耐えられなく破裂します。

 

家庭の消火器をチェック

 ●消火器本体にサビや腐蝕がある
 ●消火器本体が変形している
 ●消火器本体にキズがある
 ●製造メーカーが定める使用期限又は耐用年数を経過している
 ※一般消火器の耐用年数は8年程度ですが、消火器の種類によって異なりますので、本体に記載されている有効期限等を確認ください。また、雨や湿気の影響で劣化が進むことがあります。

 上記に該当する場合は、危険ですので絶対に使用せず、お近くの販売店もしくは、消火器の製造メーカーにお問い合わせください。

リンク

消火器の設置場所について

 ●水のかかる場所、湿気の多い場所は避ける
 ●直射日光のあたる場所は避ける
  ※消火器は、時々点検をし、腐食やキズがないか確認しましょう。



-お問い合わせ-
総務課
電話0796-36-1111
FAX0796-36-3809
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?