平成20年度決算状況

●各会計の決算状況
 1.一般会計・特別会計

 

 2.企業会計
 (1)公立香住病院事業

※公立病院特例債347,000,000円を除く資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額46,611,926円は、当年度分損益勘定留保資金46,404,707円及び当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額207,219円で補填しました。

 

 (2)上水道事業

※資本的収入額が資本的支出額に不足する額 62,264,528円は、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額 113,027円及び過年度分損益勘定留保資金 62,151,501円で補てんしました。

 

●一般会計決算の状況
 1.収支決算
 一般会計の決算額は、歳入127億9,688万円、歳出125億1,781万円で、歳入歳出差引額は、2億7,907万円の黒字となり、繰越明許費として翌年度へ繰り越すべき財源9,697万円を差引くと、実質収支は1億8,210万円となりました。

 

 2.歳入

 ※四捨五入の関係で合計が合わないことがあります。

 

 3.歳出
 【目的別決算額】

 ※四捨五入の関係で合計が合わないことがあります。

 

 【性質別決算額】

 ※四捨五入の関係で合計が合わないことがあります。

 

●地方債残高の状況

 ※四捨五入の関係で合計が合わないことがあります。



-お問い合わせ-
財政課
電話0796-36-1942
FAX0796-36-3809
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?