小代保健センター

小代保健センター外観所在地
 香美町小代区城山301番地
 (小代診療所2階)

開館時間
 午前8時30分から午後5時

休館日
 (1)原則として毎週土・日曜日
 (2)国民の祝日に関する法律に規定する休日
 (3)12月29日から翌年1月3日までの間

最寄りの駅・バス停
 全但バス「小代診療所前」

施設概要
 小代保健センターは町民の皆様の健康づくりの場として、はば広く活用されています。
 こんな行事で活用されています。
  ・行政が実施する各種の健康教室、健康相談、健康食の実習、健康に関する会議
  ・各種団体が行なう研修、健康食の実習
  ・ボランティア組織が行なう会議、健康食の実習
  ・独居高齢者給食サービスの給食づくり
  ・子育て子育ち支援センターの学集会 など

施設使用料

使用箇所(室名)

午前
(9:00から12:00)

午後
(13:00から17:00)

夜間
(18:00から22:00)

トレーニング室

450円

600円

800円

栄養実習室

900円

1,200円

1,600円

施設利用方法
 小代地域局へ電話等で会場の空き状況を確認して下さい。
 使用する3日前までに「香美町小代保健センター使用許可申請書」により申請して下さい。
 ▼申し込み先:小代地域局 健康福祉課
 ※施設利用後には「香美町小代保健センター使用日誌」の提出が必要になりますので、責任者の方は必要事項を記入のうえ小代地域局健康福祉課までご提出下さい。

【備考】
 1.時間区分を超えて使用する場合の使用料は、区分ごとの使用料を合計した額とします。
 2.冷暖房使用料は、当該使用区分に係る基本使用料の3割の額を基本使用料に加算します。
 3.使用料算定において、10円未満の端数が生じた場合は、その端数を切り捨てます。
 4.体育場を区切って、その半分を使用する場合の使用料は、当該使用区分の基本使用料に2分の1を乗じて得た額とします。
 5.時間単位の使用料を定めているものについては、当該使用料区分に係る基本使用料に使用時間を乗じて得た額とします。
 6.町外者の使用料は、原則として町民の2倍としています。ただし、柤岡すこやか広場、広井多目的山村広場、学校施設運動場は、町民使用料の5倍としています。香住区中央公民館のホール及び舞台については、施設にご確認ください。

【施設使用料の減免】
●施設使用料が全額免除される場合の対象事業
 1.町事業と関連する事業を実施する団体が使用する場合
  (1)公共的団体が、町が委託した事業を実施するとき
  (2)公共的団体が、全町域、地域自治区単位、小学校区単位で町民を対象にした事業を行うとき
  (3)連合自治会や各自治会が地域振興に寄与する事業を実施するとき
  (4)人権教育、擁護、青少年育成、町民の安全の確保、保護、更生、保健衛生に関わる団体が、その本来の事業を実施するために使用するとき
 2.町内のボランティア団体が、町民に対して無償で事業を実施する場合
 3.町の活性化を目的とするイベントなどの実行委員会が事業を実施する場合
●使用料が8
割減額される場合の対象事業
 町内の福祉、産業、社会教育関係の団体、文化・スポーツ振興団体、町づくり団体などの公共的団体が本来の目的のために使用するとき

ダウンロード



-お問い合わせ-
小代地域局健康福祉係
電話0796-97-3111
FAX0796-97-2097
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)