特別障害者手当について

 精神又は身体に著しく重度の障害を有するために、日常生活において常時特別な介護を必要とする方に支給される手当です。

対象者
 ・20歳以上の方
 ・障害程度が認定基準に該当する方
 (目安として、下記の障害程度の項目が2つ以上あること) 
 ・社会福祉施設等に入所していない方
 ・病院等に継続して3ヶ月を超えて入院していない方
 ・本人及び扶養義務者の前年の所得が基準額を超えていない方

 障害程度
 1.両眼の視力の和が0.04以下のもの 
 2.両耳の聴力レベルが100db以上のもの 
 3.両上肢の機能に著しい障害を有するもの又は両上肢のすべての指を欠くもの若しくは両上肢の指の機能のすべてに著しい障害を有するもの 
 4.両下肢の機能に著しい障害を有するもの又は両下肢を足関節で欠くもの 
 5.体幹の機能の障害に座っていることができない程度又は立ち上がることができない程度の障害を有するもの 
 6.前各号に揚げるものの外、身体機能の障害又は長期にわたる安静を要する病状が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの 
 7.精神の障害であって、前各号と同程度以上と認められるもの
 
支給額(平成28年4月改定)
 月額 26,830円(2・5・8・11月に支給)

申請の手続き
 申請書に記名押印の上、役場福祉課又は各地域局健康福祉係にご提出ください。 

手続きの際に必要となる物
 ・医師の診断書
 ・住民票(世帯全員の続柄が記載されたもの)
 ・印鑑
 ・振込みを希望する預金口座が確認できるもの(預金通帳等)
  (ただし、本人名義で郵便局以外の預金口座に限ります)
 ・障害者本人の年金証書の写し又は年金受領額のわかるもの(預金通帳、振込通知書等)の写し


注)特別障害者手当の申請書類は役場福祉課または各地域局健康福祉係に備え付けてあります。

 



-お問い合わせ-
福祉課
電話0796-36-1964
FAX0796-36-3809
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?