国登録有形文化財 森田家住宅

 香住区隼人にある森田家住宅(主屋,蔵,付属屋,中門および塀)は明治初期の養蚕農家で、主要部材はほとんど建築当時のものを残しており、当時の様式をよく残している建造物であり登録基準「一 国土の歴史的景観に寄与しているもの」に該当するとして登録されました。

登録年月日

 平成18年3月27日

種別

 国登録有形文化財 建造物

概要

 主屋
 東で接道する敷地中央に東面して建つ。桁行10間、梁行5間半規模の木造2階建で、入母屋造、鉄板仮葺の屋根を下屋まで葺下ろす。西面と南面に瓦庇がつく。内部は南半を土間、北半を整形6間取の居室とし、2階に座敷を設ける。大規模な養蚕農家である。

 土蔵
 主屋の北側西寄りに位置する土蔵造2階建で、廊下で主屋と接続する。桁行2間半、梁間2間規模の東西棟で、切妻造、桟瓦葺の置屋根とする。外壁は白漆喰塗で、腰を押縁下見板張りとする。小屋組みは登り梁である。街路から見える位置に建ち、敷地景観を形成。

 付属屋
 敷地南辺に位置し、主屋の東面南端に接続する木造2階建である。桁行4間半、梁間1間半規模の東西棟で、北面と西面に半間の下屋がつく。屋根は切妻造、鉄板葺で下屋は桟瓦葺である。外壁は竪羽目板張である。主屋との接続部が便所でその他は納屋に用いている。

 中門及び堀
 主屋の北東側の庭を囲む塀とこれに開く門である。中門は柱間5尺の薬医門形式で切妻造、桟瓦葺とし、両開きの板扉を釣り込む。塀は瓦葺の板塀で、主屋の東面中央から東へ2間で中門に至る。中門からは棟高を下げ、5間位置で北へ折れて敷地北東角まで延びる。

 森田家住宅は非公開です。敷地内への無断立ち入り及び写真撮影はご遠慮ください。

 

 登録有形文化財とは(文化庁ホームページ)



-お問い合わせ-
教育委員会 生涯学習課
電話0796-94-0101
FAX0796-98-1532
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?