介護サービスの利用額について

利用者負担は1割又は2割(一定以上の所得のある方)です

 介護サービスを利用した場合は、かかった費用の1割、一定以上の所得のある方2割が利用者の負担となります。残りの費用は保険から給付され、加入者(被保険者)に納めていただいた保険料と国・都道府県・市町村の負担(税金)によってまかなわれます。
 限度額を超えてサービスを利用したときは、超えた分が全額自己負担となります。


在宅サービスの利用上限額

 在宅サービスの場合、要介護度ごとに標準的に利用されるサービス例をもとに、1ヶ月に利用できるサービス費用に上限を設けています。(区分支給限度基準額)


・在宅サービスの区分支給限度基準額(1カ月あたり) 

区分 認定区分 区分支給限度基準額
(自己負担額)
予防サービス 要支援1 50,030円(5,003円)
要支援2 104,730円(10,473円)
介護サービス 要介護1 166,920円(16,692円)
要介護2 196,160円(19,616円)
要介護3 269,310円(26,931円)
要介護4 308,060円(30,806円)
要介護5 360,650円(36,065円)

※上記の利用上限額に含まれないサービス
・福祉用具購入・・・1年間10万円まで
・住宅改修・・・20万円まで
・居宅療養管理指導
 (医師/歯科医師・・・5,000円/月2回まで)
 (医療機関の薬剤師・・・5,500円/月2回まで)
 (薬局の薬剤師・・・1回目5,000円 2回目以降3,000円/月4回まで)
・認知症対応型共同生活介護 など

 

関連情報



-お問い合わせ-
福祉課 介護保険係
電話0796-36-4345
FAX0796-36-4004
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?