建築物を建てるときは

都市計画区域内で建築物等を建築する場合の注意

1.建築物の敷地は、原則として幅員4m以上の道路(昭和25年11月23日以前から建ち並んでいる幅員1.8mから4mを含む)に間口が2m以上接することが必要です。ただし、一定基準を満たした場合、許可等を受けることが可能です。

2.昭和25年11月23日以前から建築物が建ち並んでいる幅員1.8mから4mの道については、その道の中心線から2m後退した部分までは道路とみなされるため、その後退した部分に建築等することはできません。

3.建築物の敷地が、都市計画道路、自然公園地域、災害危険区域などの指定がないか調べておくことが必要です。


建築確認・検査

 下記の建築物(工作物を含む)を建築するときは、建築主は建築確認を受け、工事完了後は完了検査を受けなければなりません。また、兵庫県が定める一定規模以上の建築物については、工事中に中間検査を受ける必要があります。


建築確認申請が必要な建築物

1.建築基準法別表第一(い)欄に掲げる用途に供する特殊建築物で、その用途に供する部分の床面積の合計が100平方メートルを超えるもの(建築物の用途を変更して特殊建築物のいずれかになる場合を含む)

2.木造の建築物で3以上の階数を有し、又は延べ面積が500平方メートル、高さが13m若しくは軒の高さが9mを超えるもの

3.木造以外の建築物で2以上の階数を有し、又は延べ面積が200平方メートルを超えるもの

4.上記以外で、都市計画区域内(香住区一部区域外、村岡区、小代区は区域外)における建築物

5.工作物、昇降機等で建築基準法により規定されたもの

※都市計画区域外で上記1.2.3に該当しない建築物を建築する場合は、「建築工事届」を提出してください。

※工作物(建築確認が必要な工作物)
 (1)高さが6mを超える煙突
 (2)高さが15mを超える鉄筋コンクリートの柱、鉄柱、木柱等
 (3)高さが4mを超える広告塔、広告板、装飾塔、記念塔等
 (4)高さが8mを超える高架水路、サイロ、物見塔等
 (5)高さが2mを超える擁壁
 (6)乗用エレベーター又はエスカレーターで観光のためのもの
 (7)ウォーターシュート、コースター等の高架の遊戯施設
 (8)メリーゴーラウンド、観覧車、オクトパス、飛行塔等の回転運動をする遊戯施設で原動機を使用するもの


※建築基準法別表第一(い)

   
 

用途

(一) 劇場、映画館、演芸場、観覧場、公会堂、集会場その他これらに類するもので政令で定めるもの
(二)  病院、診療所(患者の収容施設があるものに限る。)、ホテル、旅館、下宿、共同住宅、寄宿舎その他これらに類するもので政令で定めるもの
(三) 学校、体育館その他これらに類するもので政令で定めるもの
(四) 百貨店、マーケット、展示場、キャバレー、カフェー、ナイトクラブ、バー、ダンスホール、遊技場その他これらに類するもので政令で定めるもの
(五) 倉庫その他これに類するもので政令で定めるもの
(六) 自動車車庫、自動車修理工場その他これらに類するもので政令で定めるもの

※確認申請書及び建築工事届は、建設課建設管理係又は各地域局農林建設係へ提出してください。
 町を経由して兵庫県但馬県民局豊岡土木事務所まちづくり建築課へ進達し、確認を受けることになります。又、民間の指定確認検査機関の確認を受ける方法もあります。

詳しくは兵庫県但馬県民局豊岡土木事務所まちづくり建築課までお問い合わせください。
 
〒668-0025  兵庫県豊岡市幸町7-11
  Tel 0796-26-3756  Fax 0796-24-5593



-お問い合わせ-
建設課
電話0796-36-1961
FAX0796-36-3809
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?