和池の大カツラ
~平成の名水百選「かつらの千年水」~のご案内

和池の大カツラ 和池の大カツラは、渓流にまたがって成長した巨木で、兵庫県の天然記念物に指定されています。
 このカツラの上手からは1日に、約5,000トンの水がこんこんと湧き出しています。水温は約10度と冷たく、色度、濁度、臭気、味などいずれも優れた名水です。極めて純度の高い軟水で、コーヒーや抹茶、野菜の煮炊きに良く、肌にやさしいため産湯などにも適していると言われています。

 この名水「かつらの千年水」が、平成20年6月、環境省が選ぶ「平成の名水百選」に認定されました。和池の大カツラ付近(但馬植物園内)では、飲むことができるようコップも置かれています。また、植物園前の道路沿いには、自動販売機が設置されており、20リットル100円で販売されています。


<和池の大カツラ>
場所

 香美町村岡区和池(但馬高原植物園内)

 道の駅「ハチ北」からさらに国道9号線を北上すると、左手にガソリンスタンドが見えます。その手前の交差点(兎和野高原口)を、標識「木の殿堂」方面へ6km程進むと植物園があります。植物園の外からもちらりと見えますが、やはり中に入って間近でみると圧巻です。(なお植物園の入場料は、大人500円です。)

樹齢・・・1000年以上といわれています
幹周り・・・16m
高さ・・・38m


かつらの千年水水源付近<平成の名水百選 かつらの千年水>
登録商標名
  かつらの千年水

湧水量
  5,000t/日

主な利用法
  地域の農業用水、生活用水

保全活動の状況
  但馬高原植物園の職員により、水路清掃、除草作業等が行われています。

水販売: 植物園前道路沿いの自動販売機では、20リットル100円でかつらの千年水が販売されています。また、植物園では、かつらの千年水を使ったコーヒーを販売しています。



かつらの千年水販売機

 

<周辺地図>
周辺マップ

関連情報



-お問い合わせ-
観光商工課
電話0796-36-3355
FAX0796-36-3809
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?