御殿山公園のご案内

 因幡の国守護であった山名豊国が、慶長6年(1601)に七美郡五郷六千七百石を徳川家康から拝領して、村岡山名の初代となりましたが、八代義方が文化3年(1806)に陣屋を尾白山(今の御殿山公園)に築いて、代々この場所を本拠として七美五郷を治めました。
 明治4年に村岡藩は豊岡県と合併し、明治7年には陣屋も取り壊され、跡地の一部は御殿山公園または桜山と呼ばれて町民の憩いの場となっていました。
 昭和33年に、県立村岡高等学校が公園内に建築されましたが、昭和57年の校舎新築移転により、陣屋や高校跡地を再整備し現在の御殿山公園となりました。
 公園内には、山名氏の陣屋跡、歴代藩主の墓所などが整備され、幕末に建てられた奥方部屋も現存しています。春の桜、秋の紅葉などの景色も見事です。

所在地
 香美町村岡区村岡


公園風景

奥方部屋

公園風景奥方部屋

春の風景(桜)

春の風景(桜)

春の桜春の桜

秋の風景(紅葉)

秋の風景(紅葉)

秋の紅葉秋の紅葉

国道9号からの進入口
国道9号からの進入口

周辺地図
案内マップ(広域)



-お問い合わせ-
観光商工課
電話0796-36-3355
FAX0796-36-3809
ご感想

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?